スポンサーリンク

「choice」と「select」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「choice」と「select」の違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「choice」「select」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「choice」とは?

「choice」とは?

「choice」の意味は以下の通りです。

1つ目は「選ぶこと」という意味で、狭い範囲の中から選択することです。

2つ目は「自由に選択できる権利」ということで、人が自分の自由に選べる状態のことです。

3つ目は「選択範囲」という意味で、選択肢の数や幅のことです。

4つ目は「注意深く選ぶこと」という意味で、慎重にどうするか判断することです。

5つ目は「えり抜きのもの」という意味で、上級品として選ばれた人や物のことです。

上記に共通するのは「選択する」という意味です。

「choice」の使い方

「choice」「選ぶこと」「自由に選択できる権利」「選択範囲」「注意深く選ぶこと」「えり抜きのもの」という意味で使われます。

名詞として使われ、動詞形は「choose」になり、「~を選択する」「~する方が望ましいと決定する」「~したいと思う」などの意味があります。

基本的に、幾つかの狭い範囲の中から選択することや、選ばれた人や物に使われる言葉です。

「select」とは?

「select」とは?

「select」の意味は以下の通りです。

1つ目は「多数の中から選ぶ」という意味で、数多くの選択肢の中から最適な人や物を選び出すことです。

2つ目は「~として選出する」という意味で、ある役割に適任として選ぶことです。

3つ目は「生物が進化する」という意味で、生物が長い期間に自分に有意な特徴や組織を選択して進化することです。

4つ目は「IT用語でアイコンを選択する」という意味です。

上記に共通するのは「幅広い中から選選択する」という意味です。

「select」の使い方

「select」「多数の中から選ぶ」「~として選出する」「生物が進化する」「IT用語でアイコンを選択する」という意味で使われます。

動詞・形容詞として使われたり、名詞形は「selection」になり、「選択」「選ばれたもの」「えり抜き」などの意味があります。

基本的に、漠然とした幅広い範囲の中から適切なものを選ぶことや、選ばれた人やものに使われる言葉です。

「choice」と「select」の違い

「choice」と「select」の違い

「choice」「幾つかの狭い範囲の中から選択すること」「選ばれた人や物」という意味です。

「select」「漠然とした幅広い範囲の中から適切なものを選ぶこと」「選ばれた人やもの」という意味です。

「choice」の例文

「choice」の例文

・『Please make a choice between two options. 』
(2つの選択肢の中から選んでください)
・『We have no choice but to leave. 』
(立ち去る以外に選択肢がない)

「select」の例文

「select」の例文

・『Please select the book you want. 』
(欲しい本を選んでください)
・『We should select a suitable person. 』
(適切な人材を選ぼう)

まとめ

まとめ

今回は「choice」「select」について紹介しました。

「choice」「狭い選択肢から選ぶ」「select」「漠然とした選択肢から選ぶ」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物