「venue」と「place」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「venue」と「place」の違い 英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「venue」「place」の違いを分かりやすく説明していきます。

「venue」とは?

「venue」とは、「何らかのイベントが開催される場所・開催地・会場」を意味している英単語です。

「venue」は特に、「コンサート・音楽会・イベント・会議などが開催される場所(開催地)・会場」といった意味合いが強くなっています。

そのため、“a conference venue”(会議場)や“a concert venue”(コンサート会場)といった言い回しでよく使われます。

「venue」には、「事件や犯罪の発生地・行為地」「裁判地・裁判所」といった特殊な意味のニュアンスも備わっています。

「place」とは?

「place」とは、「一般的な場所・空間・ところ・土地」「立場・境遇・環境・地域」などを意味している英単語です。

「place」という英単語は、“Please go to that place of memory.”(あの思い出の場所にまで行ってください)などの英文で一般的に使われます。

「place」には、「置く・設置する・取り付ける・認識する・思い出す」などの動詞の意味合いもあります。

「venue」と「place」の違い!

「venue」「place」の違いを、分かりやすく解説します。

「venue」「place」「場所・空間」を意味する英単語という点では共通していますが、「venue」のほうが「place」よりも「指し示す場所の範囲」が狭くて限定的であるという違いがあります。

「place」「一般的な場所・空間・土地」を意味していますが、「venue」という英語は「何かが開催される場所・特定の場所や施設」の意味のニュアンスが強くなっている違いがあるのです。

「venue」は特に「コンサート・会議などが行われる開催地や会場」といった意味合いで使われますが、「place」にはそういった「場所の限定性・特定性がない」という違いを指摘できます。

まとめ

「venue」「place」の意味の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「venue」というのは、「コンサートなど何かが開催される場所・会場」を意味している英単語です。

「place」という英単語は、「一般的な場所・地点」の意味を持っています。

「venue」「place」の意味の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物