「between」と「among」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「between」と「among」の違い 英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「between」「among」の違いを分かりやすく説明していきます。

「between」とは?

「between」とは?

「between」は、何かの間という意味になる言葉です。

“Please put between these two.”と使うと、「その2つの間に置いてください」となり、“Venus is the star, between the Sun and Earth.”は、「金星は、太陽と地球の間に位置している星だ」と解釈できます。

このように、何かの間という意味で使われ、“read between lines”とした場合には、「行間」のことを表しています。

「among」とは?

「among」とは?

「among」は、何かの中という意味で使われます。

“His house is among the forest.”のように使うと、「彼の家は森の中にある」となり、“among the queue”で、「行列の中」と表現できます。

先の「between」とニュアンスは似ていますが、こちらは複数に囲まれているという解釈で使う言葉で、何かの2つの間という意味の場合には「between」、もっと多くの中であれば、こちらの「among」が向いています。

「between」と「among」の違い

「between」と「among」の違い

「between」「among」の違いを、分かりやすく解説します。

この2つの言葉は、似ている意味ながら、どのようなシチュエーションなのかによって使い分けられます。

前述のように、2つの間であれば「between」、それ以上に囲まれている(その中)時には「among」が適した表現になりますが、「among」と使うべき所で「between」としても間違いという訳ではなく、逆に、「between」「among」としても意味は通ります。

ただし、英文のテストなどでは、きちんとした方を用いないと正解にならないことがある為、きちんと覚えておく方がいいでしょう。

まとめ

まとめ

「between」「among」は、このような違いになります。

「between」は、「~の間」「among」は、「~の中」という覚え方がおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物