スポンサーリンク

「holiday」と「vacation」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「holiday」と「vacation」の違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「holiday」「vacation」の違いを分かりやすく説明していきます。

よく知っている英語を、きっちり区別していきましょう。

スポンサーリンク

「holiday」とは?

「holiday」とは?

holidayとは「祝日」のこと。

カレンダーで赤色のマークがついている日です。

日本と同じように小中学校や企業がお休みになる、国民の記念日をあらわしています。

例えばイギリスでは、「グッドフライデー」という記念日があります。

これはイースター前の金曜日のこと。

またアメリカでは、毎年7月4日はお休み。

アメリカが誕生した「独立記念日」だからです。

holidayには宗教的な意味合いもあるので、アメリカでは12月20日以降に始まるクリスマス休暇を複数形で「holidays」といいます。

また日本のように「メリークリスマス」とは言わずに「ハッピーホリデーズ」と話します。

国によってイベント時のあいさつ言葉も変わっています。

「vacation」とは?

「vacation」とは?

vacationとは「バカンス」のこと。

リゾート地に出かけたり、高原や海に行ってのんびりしたり、仕事をオフにして取るお休みをあらわしています。

また学校が夏休みや冬休みなど、まとまった休みに入ることも「バカンス」といいます。

また有給休暇のように、働いている人が取得する休みも「vacation」といいます。

脳や心をからっぽにして、普段の仕事や勉強から離れるのがvacationです。

またバケーションはイタリアやフランスなど、おもにヨーロッパ圏で盛んなイベントです。

勤勉なイギリスやアメリカでは「長くても2週間程度のバケーション」が主流になっています。

都市から近い場所で過ごしたり、日帰りで観光を味わったり、どことなく日本と過ごし方は似ています。

「holiday」と「vacation」の違い

「holiday」と「vacation」の違い

それぞれ「休み」にまつわる語です。

「holiday」「vacation」の違いを、分かりやすく解説します。

・祝日はholiday、休暇はvacation

「holiday」「vacation」はどちらも「休日」という意味があります。

よく似ていますが、海外では区別して使われています。

「holiday」は日本語の「記念日・祝日」のこと。

そのため月曜日だけや金曜日だけのように、国の法律で決められた、スポット的な祝日をあらわします。

この日は企業も学校も幼稚園もお休みになるので、多くの国民にとって羽をのばせる日になります。

ちなみにアメリカもイギリスも日本に比べて祝日は少なく、年間およそ10日前後となっています。

また大型の休みに使われるのはvacation。

会社や勉強をいったんお休みして、まとまった休日を楽しむシーンで使われています。

まとめるとスポット的なお休みがholiday。

まとまった休暇がvacationです。

ただ「クリスマス休暇」は例外で、宗教的な儀式にはいるため「クリスマスホリデー」という言い方もしています。

イギリスではクリスマス休暇のことを「クリスマスバケーション」ともいうので、国による文化の差もおさえておきましょう。

まとめ

まとめ

「holiday」「vacation」の違いを分かりやすくお伝えしました。

holidayとは、国民の休日のこと。

またvacationはリゾートや観光に出かける、自由なお休みをあらわします。

それぞれの差を学んでおきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物