スポンサーリンク

韓国語「オンニ」と「ヌナ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
韓国語「オンニ」と「ヌナ」の違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オンニ」「ヌナ」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「オンニ」とは?

「オンニ」とは?

「オンニ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「オンニ」は韓国語で「女性が年上の女性を呼ぶ言葉」という意味があります。

本来は、姉妹の間で使う言葉で、妹が姉のことを、「オンニ」と呼びます。

そこから転じて、現在は、血縁関係がなくても、年上の女性に対して、「オンニ」と呼びます。

ドラマの字幕などでは、「お姉さん」などと訳されることがありますが、このようなルールのもと、使われている言葉になります。

韓国社会は儒教の影響が強く、年齢の上下に厳しい社会となっています。

そのため、年上の人に対しては、敬意を払う必要があるため、このような特別な呼び名があります。

そのため、友達のような関係になったとしても、相手が年上だとしたら、「オンニ」と呼ぶ必要があり、呼ばないと失礼な人だと思われる可能性があります。

「ヌナ」とは?

「ヌナ」とは?

「ヌナ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ヌナ」は韓国語で「男性が年上の女性を呼ぶ言葉」という意味があります。

この場合も、本来は血縁関係がある場合に使う言葉で、弟が姉のことを「ヌナ」と呼びます。

ただし、そこから転じて、現在では血縁関係がない男女でも、女性が年上なら、男性はヌナと呼ぶという決まりがあります。

アルバイト先などで、年上の女性スタッフがいる場合は、男性は「ヌナ」と呼ぶ必要があります。

さらに、女性が年上というカップルがいるかもしれません。

この場合も、男性は彼女のことを「ヌナ」と呼ぶことがあります。

韓国旅行に行ったとき、飲食店の店員さんなど、触れ合う人が年上の女性で、あなたが男性なら「ヌナ」と呼ぶといいのではないでしょうか。

「オンニ」と「ヌナ」の違い

「オンニ」と「ヌナ」の違い

「オンニ」「ヌナ」の違いを、分かりやすく解説します。

「オンニ」は韓国語で「女性が年上の女性を呼ぶ言葉」という意味があります。

一方の「ヌナ」は韓国語で「男性が年上の女性を呼ぶ言葉」という意味があります。

どちらも、「お姉さん」と直訳できる言葉で、実際に、姉妹や姉弟の間で、姉のことを呼ぶときに使う言葉になります。

どちらも年上の女性に対して使う言葉ですが、「オンニ」「女性が年上の女性を呼ぶ言葉」なのに対して、「ヌナ」「男性が年上の女性を呼ぶ言葉」という大きな違いがあります。

もし韓国で年上の女性と接する時、あなたが女性なら「オンニ」という言葉を使い、あなたが男性なら「ヌナ」という言葉を使うことになります。

まとめ

まとめ

「オンニ」「ヌナ」の違いについて見てきました。

2つの言葉は同じ意味を持つ言葉でしたが、この言葉を発する人の違いがあることが分かりました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、韓国に旅行に行ったときなどに、使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物