「Agree」と「Ugly」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「Agree」と「Ugly」の違い 英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「Agree」「Ugly」の違いを分かりやすく説明していきます。

「Agree」とは?

「Agree」の意味と使い方について紹介します。

「Agree」の意味

「Agree」は動詞で「同意する」「賛成する」「承諾する」という意味です。

「Agree」の使い方

「Agree」は日本語で「アグリー」としても使われ、ビジネスで「賛成します」という意味です。

外資系企業では使うこともありますが、一般的にはあまり使われないので、素直に日本語で言った方が良いでしょう。

英語で「賛成します」“I agree.”であり、「~に賛成します」“I agree with ~”になります。

「Agree」「r」が入りますので日本人には発音しにくい単語です。

下で紹介する「Ulgy」と同じ発音になってしまう人もいるのですが、アクセントの位置が「r」に来るので、メリハリをつければ使い分けられます。

「Ugly」とは?

「Ugly」の意味と使い方について紹介します。

「Uglyの意味

「Ugly」は形容詞で「醜い」「不細工な」「不格好な」という意味です。

「Ugly」の使い方

「Ugly」も日本語にすると「アグリ」になってしまいますが、「アグリー」ではなく「アグリ」に近い発音です。

「agree」とは全く意味が違い、「容姿が悪い」「ブス」という意味ですので慎重に使いましょう。

「Ugly」は形容詞で、基本的に「be動詞」を伴って使うことと、頭にアクセントが来ることから、日本人でも発音し易く、「agree」と使い分けることは可能です。

「Agree」と「Ugly」の違い!

「Agree」「賛成するという意味の動詞」です。

「Ugly」「醜い、不細工なという意味の形容詞」です。

まとめ

今回は「Agree」「Ugly」の違いをお伝えしました。

「Agreeは賛成する」「Uglyは不細工な」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物