スポンサーリンク

韓国語「ヒョン」と「オッパ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
韓国語「ヒョン」と「オッパ」の違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ヒョン」「オッパ」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「ヒョン」とは?

「ヒョン」とは?

「ヒョン」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ヒョン」は、「?」と韓国語表記します。

「ヒョン」「男性が年上の男性に対して使う言葉」という意味があります。

直訳すると「お兄さん」という意味があり、兄弟の、弟が兄を呼ぶ場合に、「ヒョン」という言葉を使います。

そこから転じて、現在では血縁関係がない場合でも使う言葉になっています。

特に仲の良い、年上の男性がいる場合、仕事先などで兄弟のように仲よくしている人がいる場合などに、「ヒョン」という言葉を使うことがあります。

日本でも、兄弟のように仲がいい男性同士がいる場合、年上の人のことを「兄貴」と呼んだりしますが、それと同じような意味があります。

特に儒教の影響で、年上を敬う傾向が強い韓国では、年上の人を呼ぶ敬称が、日本以上に多くなっています。

「お兄様」というように、丁寧な呼び方をする場合は「ヒョンニム」と呼ぶこともあります。

「オッパ」とは?

「オッパ」とは?

「オッパ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「オッパ」は、「女性が年上の男性に対して使う言葉」という意味があります。

直訳すると、こちらも「お兄さん」になります。

もともとは、兄妹で、妹が兄に使う言葉でしたが、現在では血縁関係がない人同士でも使うことが多くなっています。

「オッパ」と女性に言われた男性が、そう呼ばれたことにとても喜ぶ傾向があります。

日本人女性が、日本人の年上の男性に「お兄さん」と呼んだときとは違い、親しみや尊敬の意味が込められているからだと考えることができます。

このように「オッパ」は女性が年上の男性を呼ぶときに使う言葉ですが、あまりにも年が離れている場合、また初対面の人に対しては、使わないほうが無難でしょう。

お兄さんと妹のような関係性ができてから、使うようにしてみましょう。

「ヒョン」と「オッパ」の違い

「ヒョン」と「オッパ」の違い

「ヒョン」「オッパ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ヒョン」「男性が年上の男性に対して使う言葉」という意味があります。

一方「オッパ」は、「女性が年上の男性に対して使う言葉」という意味があります。

どちらも、「年上の男性を呼ぶ言葉」という共通の意味があります。

ただし、年上の男性を呼ぶ時、「ヒョン」と呼ぶのは男性で、「オッパ」と呼ぶのは女性という違いがあります。

あなたが男性なら、年上の男性を「ヒョン」と呼び、あなたが女性なら、年上の男性を「オッパ」と呼ぶようにしましょう。

まとめ

まとめ

「ヒョン」「オッパ」の違いについて見てきました。

2つの言葉には同じ意味がありますが、使う人に違いがあることが分かりました。

2つの言葉の使い方の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物