スポンサーリンク

「ahead」と「forward」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ahead」と「forward」の違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ahead」「forward」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ahead」とは?

「ahead」とは?

「ahead」は、方向や方向性というものは決まっていないがとりあえず前に進むことで無計画のように使用する英単語です。

もっと簡単に言えば、「ahead」は2択で進むかやめるかという選択肢で言い表せるものに使用します。

「forward」とは?

「forward」とは?

「forward」はすでに計画や方向性が決まっていてマニュアルに従って計画通りに進むことです。

よって、計画性がある行動原理のこと「forward」と呼びます。

「ahead」と「forward」の違い

「ahead」と「forward」の違い

「ahead」「forward」の違いは、計画性がある行動原理を指しているか否かです。

「ahead」は、無計画な行動原理なので例を挙げれば「go ahead」という言葉がありますが、あれは実は、無計画であるが一応計画としては前に進めるという意味で行動原理的に到達が可能な目標であるかどうかはわからないがとりあえず行動するのが「ahead」です。

逆に、「forward」はしっかりと計画を立てているので無謀な行動計画を立てません。

「ahead」の例文

「ahead」の例文

・『Technology is go ahead』
この例は、テクノロジーが進んでいるという例です。

ただし、このケースの場合、テクノロジーの進歩は無計画で無秩序であると述べています。

なぜなら、計画性があるのであれば、「forward」という言葉を使用して計画性をもってテクノロジーは進むと述べるからです。

「forward」の例文

「forward」の例文

・『Technology is forward』
この例は、テクノロジーは計画性をもって進歩しているという例です。

「forward」という言葉は計画性をもってして物事が進むことでこの場合の物事はテクノロジーという分野が物事になり、テクノロジーとは技術のことを意味し、技術革新が進むという解釈になります。

まとめ

まとめ

「ahead」「forward」については、一度両者を技術という英単語を用いて考えると違いがわかりやすいです。

技術がどう進化するのかを述べる場合、「ahead」は無秩序に技術が進化することにあり、「forward」については計画性をもってして論理によって技術が進化すると考えるとわかりやすいでしょう。

無秩序の技術革新においては、問題となりえる部分は論理にあり、理屈は通っているが安全性がない点やそもそも理屈抜きでやってはいけない行為ではないかという部分が問題視されるのが「ahead」です。

逆に、「forward」は、ルールやきちんとした計画に沿って技術研究を行っていますので安全な技術開発をしていると読み解けるのが「forward」になります。

無秩序というのは言ってしまえば、好き勝手にやってよいということで計画を立てているが計画の範囲であれば何をやっても許されるのが「ahead」「forward」はそれを許さないとすればよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物