スポンサーリンク

韓国語の「マニマニ」と「ノムノム」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
韓国語の「マニマニ」と「ノムノム」の違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マニマニ」「ノムノム」の違いを分かりやすく説明していきます。

ネットで聞いた韓国語を、今すぐ勉強していきましょう。

スポンサーリンク

「マニマニ」とは?

「マニマニ」とは?

マニマニとは、すごくのこと。

物が多かったり、愛情がたっぷりあったり「たくさん有る」という、前向きなニュアンスで用いていきます。

「とっても大好きです」のように、愛情あふれる自分の思いを相手に伝えたい時につかいます。

そして「たっぷり食べてください」のように、お客さんに手料理をもてなしたい時にも引用されています。

目に見えない気持ち、そして目に見える食べ物やグッズなど、幅広いシチュエーションで使えるのがマニマニになります。

「大好きです」「食べてください」だけだと、クールに聞こえてしまいますが「マニマニ」を付けるだけで、とたんに表情がやわらぎます。

相手との距離を縮める、便利なクッション言葉がマニマニです。

「ノムノム」とは?

「ノムノム」とは?

ノムノムとは、とてものこと。

程度が大きいことをあらわす言葉になります。

韓国のアイドルグループの歌詞にも登場する、メジャーな言葉です。

ノムノムは「とっても良いです」と前向きな気持ちを伝えることもあります。

また「今朝は頭がとっても痛いです」のように体調の悪さを伝えることもあります。

良い意味と悪い意味、両方使えるのがノムノムです。

ちなみにノムノムの原型は「ノム」です。

ノム単体だけでも「非常に」という意味があります。

I. O. Iの歌詞には「ノムノムノム」と3回ノムが繰り返されるシーンがありますが、これは直訳すると「とっても、とっても、とってもね」のこと。

ハイテンションな気持ちを表現しています。

「マニマニ」と「ノムノム」の違い

「マニマニ」と「ノムノム」の違い

どちらも似ているので、迷ってしまいます。

「マニマニ」「ノムノム」の違いを、分かりやすく解説します。

・ポジティブなのはマニマニ
「マニマニ」「ノムノム」はどちらも「すごく・非常に」など、程度をあらわす言葉です。

そのため、どちらも同じように見えてしまいます。

マニマニは「マニ」が2回繰り返されたフレーズになります。

相手を褒めるときに利用される言葉で、ノムノムに比べるととても明るい語句です。

ノムノムは喧嘩をたしなめるとき、体調の悪さを伝えたい場合など、アンハッピーなシーンでも使われています。

良い意味ももちろんありますが、マニマニと比べるとネガティブな訳も含まれています。

ちなみにマニマニとノムノムは家族やクラスメート、友達など親しい人につかう言葉です。

年齢問わずに用いられていますが、ビジネスの場では不釣り合いな用語なので、覚えておくといいです。

まとめ

まとめ

「マニマニ」「ノムノム」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも韓国ドラマや歌詞で人気のフレーズです。

マニマニは、すごくのこと。

ノムノムは、とてものこと。

どちらも程度をあらわしていますが、ノムノムは否定的なシーンでも用いられています。

韓国語を学んで、異国の世界を楽しんでいきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物