スポンサーリンク

「ready」と「prepare」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ready」と「prepare」の違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ready」「prepare」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ready」とは?

「ready」とは?

「ready」の意味は以下の通りです。

1つ目は「行動する準備ができている状態」という意味で、行動する用意や覚悟ができている状態のことです。

2つ目は「今にも~しそうな状態」という意味で、人がすぐにでも何かしそうな様子のことです。

3つ目は「行動が素早い」という意味で、すぐに何かができることです。

4つ目は「物の準備が整っている」という意味で、物がすぐに使える状態になっていることです。

上記に共通するのは「準備ができている」という意味です。

「ready」の使い方

「ready」「行動する準備ができている状態」「今にも~しそうな状態」「行動が素早い」「物の準備が整っている」という意味で使われます。

形容詞として使われたり、副詞として「あらかじめ」「準備して」という意味で使われます。

基本的に、既に行動する準備ができている状態や、今にも何かしそうな状態に使われる言葉です。

「prepare」とは?

「prepare」とは?

「prepare」の意味は以下の通りです。

1つ目は「ものごとの準備を整える」という意味で、行事や物の為に用意することです。

2つ目は「書類などを作成して整える」という意味で、ある計画やその為に必要な書類を作成することです。

3つ目は「食事を支度する」という意味で、日常的なものではなく、何かの為に料理を作ることです。

4つ目は「~に備えて心の準備をする」という意味で、近い将来実現することに対して心構えすることです。

上記に共通するのは「目的の為に準備を整える」という意味です。

「prepare」の使い方

「prepare」「ものごとの準備を整える」「書類などを作成して整える」「食事を支度する」「~に備えて心の準備をする」という意味で使われます。

動詞として使われ、名詞形は「preparation」になり、「準備」「支度」「用意」「下調べ」「予習」「覚悟」「調理」などの意味があります。

基本的に、近い将来起きることへの物や心の準備をすることや、特別な機会に食事を支度することに使われる言葉です。

「ready」と「prepare」の違い

「ready」と「prepare」の違い

「ready」「既に行動する準備ができている状態」「今にも何かしそうな状態」という意味です。

「prepare」「近い将来起きることへの物や心の準備をすること」「特別な機会に食事を支度すること」という意味です。

「ready」の例文

「ready」の例文

・『I’m ready to go. 』
(いつでも出かけられます)
・『My baby is ready to cry. 』
(赤ちゃんが今にも泣きそうだ)

「prepare」の例文

「prepare」の例文

・『We prepare a room for a guest. 』
(お客の為に部屋を用意する)
・『I will prepare for payment. 』
(支払いを準備します)

まとめ

まとめ

今回は「ready」「prepare」について紹介しました。

「ready」「準備ができている」「prepare」「準備する」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物