「make」と「create」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「make」と「create」の違い 英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本語で「作る」というと「make」「create」という英語が思い浮かびます。

この2つはどの様な違いがあるのでしょうか。

「make」とは?

「make」とは?

「make」の意味と使い方を紹介します。

意味

「make」の意味は基本的には「作る」ですが、その他にも「~する」「生じさせる」「得る」などの意味があります。

材料や何らかのテクニックを使い、手を使って比較的に小さいものを作る時に使われます。

使い方

「make」は、何かを加工して形に仕上げる時に使います。

例文は以下の通りです。

“She made her own dress.”で、「彼女は自分のドレスを作った」になります。

“He made a cup of coffee.”「彼は自分でコーヒーを入れた」になります。

いずれも手元に何らかの材料があり、それを使って自分で何か作ることを表しています。

「create」とは?

「create」とは?

「create」の意味と使い方を紹介します。

意味

「create」の意味は、基本的には「作る」よりも「創る」というニュアンスがつよくなります。

何もないところに何かを創造したり、新しいものを開発する時などに使われます。

使い方

「create」は自分の頭の中に浮かんだアイデアを実現させたり、新しい流れや関係を築いた時に使われます。

“She created a new fashion.”「彼女は新たな流行を作り出した」になります。

“I would like to create a better relationship with him.”「彼と良い関係を築きたいと思う」になります。

「make」と「create」の違い!

「make」と「create」の違い!

「make」「材料やあるものを使って比較的小さなものを形作ること」です。

「create」「何もない状態から新しいものを生み出すこと」です。

2つの言葉の違いは「作るものの規模が違う」という点です。

まとめ

まとめ

「make」「create」はどちらも「作る」という意味ですが、英語では明確な使い分けがあります。

日本人は迷ったら「make」を使うのが無難でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物