スポンサーリンク

「Tank you」と「thanks」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「Tank you」と「thanks」の違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「Thank you」「thanks」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「Thank you」とは?

「Thank you」とは?

「Thank you」とは、「ありがとうございます」を意味する英語です。

一般的な感謝の気持ちを伝えたいときに、「Thank you」はどんな相手にも幅広く使用することができます。

「thank」は動詞あるいは名詞の英単語ですが、「感謝する・お礼の言葉をいう」の意味を持っています。

「Thank you」「I thank you」を省略した表現になります。

「Thank you」「Thank you for~」で、「~をありがとうございます」の意味になります。

「Thank you」は特別にかしこまったフォーマルな表現というわけではありませんが、フォーマルな場面でもカジュアルな状況でもどちらも使用することができる「感謝・お礼の表現」になっています。

「thanks」とは?

「thanks」とは?

「thanks」とは、「ありがとう」を意味する英語です。

「thanks」「thank」の名詞の複数形であり、「堅苦しくないお礼のあいさつ・感謝を伝える言葉」として使われている表現です。

「thanks」「thanks a lot」のイディオムで、「多くのことをしてくれてありがとう・いろいろ感謝しています」の意味でも使えます。

「thanks」「友人知人に対するお礼の言葉」として一般的な言い方であり、「カジュアルなくだけた語感」を持っています。

より丁寧に言いたいのであれば、「thank you」「appreciate it(感謝しています)」を使ったほうが良いでしょう。

「Thank you」と「thanks」の違い

「Thank you」と「thanks」の違い

「Thank you」「thanks」の違いを、分かりやすく解説します。

「Thank you」「thanks」よりも「丁寧できちんとしたお礼の言葉」であるという基本的な違いがあります。

「Thank you」も堅苦しいニュアンスは持っていませんが、「年上の相手・目上の相手(地位や立場が上の相手)」に対して使っても違和感のない表現になっています。

一方で、「thanks」「ラフなくだけた感じのある感謝の言葉」なので、年上や目上の相手に対しては使われない(使うと礼儀知らず・非常識な感じになる)という違いを挙げることができます。

「Thank you」の例文

「Thank you」の例文

・『Thank you for your gentle response last night』
(昨夜は丁寧なご対応をありがとうございます)

「thanks」の例文

「thanks」の例文

・『Thanks a lot so far』
(今までいろいろとありがとう)

まとめ

まとめ

この記事では、「Thank you」「thanks」の違いについて説明しましたがいかがでしたか?「Thank you」のほうが「thanks」よりも丁寧なニュアンスのある感謝の言葉になっています。

「Thank you」「年齢・地位が上の相手」にも違和感なく使えますが、「thanks」は原則として「対等な立場の友人知人、後輩」などに使います。

「Thank you」「thanks」の違いを詳しくリサーチしたい場合は、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物