「inform」と「notify」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「inform」と「notify」の違い 英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「inform」「notify」 の違いを分かりやすく説明していきます。

「inform」とは?

「inform」とは、「知らせる・伝える・通知する・密告する」などを意味する動詞です。

「inform」という英単語は、“inform A of~”「Aに~を知らせる」“inform A about~”「Aに~について伝える」を意味するイディオムになります。

例えば、“My friend informed me of his plans for tomorrow.”という英文は、「友達が明日の予定を、私に教えて(知らせて)くれました」を意味しています。

「notify」とは?

「notify」とは、「(informよりも形式的・正式的に)通知する・告知する・伝える」などを意味する動詞です。

「notify」の英単語は、“notify A of~”「Aに~を通知する」“notify A to do”「Aに~するように通知する」を意味するイディオムになります。

例えば、“The police notified them of the act of law.”という英文は、「警察が彼らに法令違反であることを通知しました」を意味しています。

「inform」と「notify」の違い!

「inform」「notify」の違いを、分かりやすく解説します。

「inform」「notify」「ある物事・情報を知らせる(伝える)」といった意味が共通している英単語(動詞)ですが、「notify」の英単語のほうが「inform」よりも「正式・フォーマル(形式的)・公的・堅苦しい」といった意味のニュアンスが加わる違いがあります。

特に裁判所や役所などの公的機関が、正式に何らかの命令・内容・申請結果などを通知する時(教えて知らせる時)には、一般的でカジュアルな響きのある「inform」よりも正式でフォーマルな響きのある「notify」を使ったほうがより適切であるという違いを指摘できます。

例えば、“The tax office notified me of the tax evasion. ”(税務署が脱税について通知してきた)という英文は、「inform」よりも「notify」のほうが適切な言葉の選択になります。

まとめ

「inform」「notify」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「inform」の英語は「口頭・書面で何かを伝えること」を意味していて、「notify」の英語は「より正式に書面などで何かを伝えること・通知すること」を意味している違いがあります。

「inform」「notify」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物