「route」と「path」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「route」と「path」の違い 英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「route」「path」の違いを分かりやすく説明していきます。

「route」とは?

「route」とは?

「route」とは、その地点までの「道」となる言葉です。

日本語でも、同音の「ルート」が同じ意味になり、「どのルートで行く?」のような使い方をされています。

よって、目的地が決まっている時に使われることが多い言葉ですが、“What route do you take?”のように使うと、「どの道を通って行くの?」となるように、それがない枝分かれに対しても用いることができます。

「path」とは?

「path」とは?

「path」も、「道」となる言葉ですが、「小道」、または「抜け道」「近道」といった意味で用いられる言葉です。

“If you enter that path, it is a shortcut.”と使った時には、「その小道を通ると近道だ」となり、それが「抜け道」「近道」というニュアンスが含まれる表現になります。

普通の「道」とする時には、こちらではなく、「road」と使うのが一般的です。

また、この言葉はコンピュータの世界では、プログラムの実行において、カレントと同様に扱えるフォルダ類のこととして使われています(その世界だけでの特殊な用いられ方です)。

「route」と「path」の違い

「route」と「path」の違い

「route」「path」の違いを、分かりやすく解説します。

「route」は、ある地点に向かうまでに、枝分かれする「道」という意味になる言葉です。

その地点が特にないという場合にも、分岐の際にそれぞれの道に対して使って構いません。

「path」は、「細い道」を指して用いられます。

「抜け道」「近道」という使い方もできる言葉で、“This is the secret path.”と使った時には、「これが秘密の道だ」と言っていると解釈できます。

まとめ

まとめ

「route」「path」は、このように違う言葉です。

どちらも少し特殊な「道」という意味になり、一般的な道は、前述のように「road」と使ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物