「アイソトニック飲料」と「ハイポトニック飲料」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アイソトニック飲料」と「ハイポトニック飲料」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アイソトニック飲料」「ハイポトニック飲料」の違いを分かりやすく説明していきます。

「アイソトニック飲料」とは?

「アイソトニック飲料」の意味と概要について紹介します。

「アイソトニック飲料」の意味

「アイソトニック飲料」とは、「安静時の人の体液と同じ濃度の飲料のこと」です。

「アイソトニック飲料」の概要

「アイソトニック」とは「等張液」のことで、「人が安静にしている時の体液と同じ濃度や浸透圧で作られている液体のこと」を言います。

「水分、糖分、塩分」がバランスよく含まれていて、身体に優しい成分です。

特徴としては、「安静時に飲むと、身体と同じ浸透圧のために吸収が速い」「糖質が多く含まれていてるので、運動する時のエネルギー源になる」という点があります。

運動をした後では、発汗により体液の浸透圧が低下して吸収が悪くなってしまいますので、運動をする前に飲むのが効率的です。

「ハイポトニック飲料」とは?

「ハイポトニック飲料」の意味と概要について紹介します。

「ハイポトニック飲料」の意味

「ハイポトニック飲料」とは、「安静時の人の体液よりも低い浸透圧の飲料で、ナトリウムや糖質の濃度が低めのもののこと」です。

「ハイポトニック飲料」の概要

「ハイポトニック」「低張液」のことで、「人が安静にしている時の体液よりも低い浸透圧で、塩分や糖質の濃度が低い液体のこと」を言います。

「ハイポトニック飲料」の特徴は「発汗して体液が薄まった時に、水分が素早く吸収される」「糖分が少ない為にダイエットの邪魔にならない」という点があります。

運動後に水分を摂り、再度運動を始めると、お腹がタプタプとして水が溜まっている感覚がしますが、その様な状態を緩和してくれるので、運動中や、運動後に水分補給をするのに向いている飲料です。

「アイソトニック飲料」と「ハイポトニック飲料」の違い!

「アイソトニック飲料」は、「安静時の人の体液と同じ濃度の飲料のこと」です。

「ハイポトニック飲料」は、「安静時の人の体液よりも低い浸透圧の飲料のこと」です。

まとめ

今回は「アイソトニック飲料」「ハイポトニック飲料」の違いをお伝えしました。

「アイソトニック飲料は浸透圧が同じ」「ハイポトニック飲料は浸透圧が低い」と覚えておきましょう。