スポンサーリンク

「秋甘泉」と「新甘泉」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「秋甘泉」と「新甘泉」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「秋甘泉」「新甘泉」の違いを分かりやすく説明していきます。

人気のフルーツを、見極めていきましょう。

スポンサーリンク

「秋甘泉」とは?

「秋甘泉」とは?

秋甘泉(あきかんせん)とは、新しい梨の品種。

鳥取県で生産されている、甘みのある梨です。

一般的な梨に比べて、薄い皮をしていて、ふくよかな果実を楽しめます。

苦みが少なく果物らしい甘みがあるため、まるで果汁100%のジュースを飲んでいるような味わいです。

「秋の甘い泉」というその名にふさわしく、まさに梨の女王さまと言えるフルーツとなっています。

ちなみに秋甘泉のお父さんとお母さんは「豊水」「おさ二十世紀」です。

豊水は昔からあるブランド梨で、豊かな水分量があり、みずみずしい果物として知られています。

また「おさ二十世紀」はシャキシャキとした軽さが特徴の、食べやすい梨。

「秋甘泉」は人気の梨をかけ合わせているので、どの世代の方でも味わいやすい、定番の梨となっています。

「新甘泉」とは?

「新甘泉」とは?

新甘泉(しんかんせん)も、近年デビューした新種の梨です。

梨の産地、鳥取県で作られています。

新甘泉は他の梨に比べて、大ぶりのシルエットが印象的。

高い糖度を保っているので、どこをかじっても強い甘みを感じられます。

白くて透明な実は美しく、水晶のような淡さも感じさせてくれます。

「新しい甘い泉」というネーミングにふさわしく、チャーミングな梨のプリンセスです。

もともと新甘泉は「筑水」「おさ二十世紀」をかけ合わせたもの。

筑水は酸味がほとんどなく、いちごや桃に似たフレーバーがあります。

そのため新甘泉も、しっとりとした優しい食感を楽しめます。

ふるさと納税や大切な方へのギフトとして人気です。

「秋甘泉」と「新甘泉」の違い

「秋甘泉」と「新甘泉」の違い

「秋甘泉」「新甘泉」の違いを、分かりやすく解説します。

・収穫時期の違い
「秋甘泉」「新甘泉」はネーミングが似ているので、どちらがどう異なるのか分かりにくいです。

大きな差は収穫時期の差です。

新甘泉は8月の終わりから、収穫が始まります。

そして秋甘泉はそれに続いて、9月から10月にかけて収穫のピークを迎えます。

そのため市場に出回るのが早いのは新甘泉。

秋の終わりまで楽しめるのが秋甘泉です。

旬がはやい新甘泉は黄色く、黄金色が強いです。

そして深みのある時期にとれる秋甘泉は、ややグリーンがかった色合いをしています。

また気になる味わいは、甘さを最優先させるのであれば新甘泉。

適度な酸味もほしい方には秋甘泉がおすすめです。

どちらも鳥取を代表する、話題のブランド梨となっています。

まとめ

まとめ

「秋甘泉」「新甘泉」の違いを分かりやすくお伝えしました。

いずれも鳥取県で生産されている、人気の新品種の梨です。

夏の終わりから収穫される新甘泉は強い甘みと、したたるような果汁を楽しめます。

そして秋に収穫されるのが秋甘泉。

シャリシャリとした梨らしい旨みを楽しめます。

どちらもふるさと納税やギフトとして親しまれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ物・飲み物
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物