スポンサーリンク

「ジャム」と「マーマレード」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ジャム」と「マーマレード」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ジャム」「マーマレード」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ジャム」とは?

「ジャム」とは?

「ジャム」の意味と概要について紹介します。

意味

「ジャム」は、「皮がない、或いは薄い果実に砂糖や蜂蜜を加えて煮詰め、ゼリー状にして長期保存が出来る様にした食べ物の総称」という意味です。

概要

「ジャム」は、果物を砂糖で煮詰めて柔らかく加工した食品のことです。

パンに塗ったり、ヨーグルトに加えたり、日本でも朝食の定番になっています。

ヨーロッパで、果実や野菜を日持ちさせる為に工夫された加工方法で、代表的な素材に「イチゴ・ブルーベリー・リンゴ・あんず」などがあります。

果肉がまるごとゴロゴロと入っているものもあれば、完全にとろけてゼリー状になっているものもあります。

「マーマレード」とは?

「マーマレード」とは?

「マーマレード」の意味と概要について紹介します。

意味

「マーマレード」は、「ジャムの一種で、柑橘系の果実を砂糖や蜂蜜を加えて煮詰めた食べ物で、果皮が含まれるもの」という意味です。

概要

「マーマレード」は、「ジャム」と同じ加工法ですが、主原料が「柑橘系果物」であり、果実の皮も加えられます。

具体的には「オレンジ」「グレープフルーツ」「ゆず」などがあり、果皮が含まれる為に甘みと共に苦味もあります。

食べ方はほとんど同じで、パンに塗ったり、ヨーグルトに添えたりします。

「ジャム」と「マーマレード」の違い!

「ジャム」と「マーマレード」の違い!

「ジャム」は、「皮が少ない果実で作られ、甘酸っぱい味が特徴の食べ物」です。

「マーマレード」は、「果実の皮も加えて付くられ、甘みと苦みが楽しめる食べ物」です。

まとめ

まとめ

「ジャム」「マーマレード」は、加工法は同じですが、原材料が違います。

果実だけなのが「ジャム」、皮が含まれているのが「マーマレード」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ物・飲み物
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物