スポンサーリンク

「アコム」と「セコム」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アコム」と「セコム」の違い金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アコム」「セコム」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アコム」とは?

「アコム」とは?

「アコム」とは、「三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の子会社である貸金業・消費者金融業の会社の名称」を意味しています。

「アコム」は東京都千代田区の明治安田生命ビルに本社オフィスがあります。

「アコム」は1978年に、呉服店や質屋を営んで財を築いた木下政雄氏によって設立され、2004年に三菱東京フィナンシャルグループと戦略的業務提携・資本提携を締結しました。

さらに「アコム」は2008年にMUFGの子会社になっています。

「セコム」とは?

「セコム」とは?

「セコム」とは、「1962年に設立された、ホームセキュリティーを得意とする日本最大の警備サービス業の会社の名称」を意味しています。

「セコム」は東京都渋谷区神宮前に本社ビルがあります。

「セコム」は資本金664億円もあり、年間売上が1兆円を超える警備保障の大企業で、業界2位の綜合警備保障の売上の4倍も売り上げています。

「セコム」はグループ会社が183社もあり、従業員数は「64,143人」にものぼります。

「アコム」と「セコム」の違い!

「アコム」と「セコム」の違い!

「アコム」「セコム」の違いを、分かりやすく解説します。

「アコム」「セコム」「日本の大きな会社の名前」という点では共通していて名称も似ていますが、それぞれが行っている事業の種類・内容がまったく異なっています。

「アコム」というのは「1978年に設立されて、現在は三菱UFJフィナンシャル・グループに属する貸金業・消費者金融業の会社の名称」を意味していますが、「セコム」「売上が年間1兆円を超える日本最大の警備サービス業の会社の名称」を意味しているという違いがあります。

また「アコム」の従業員数は「2063人」ですが、「セコム」の従業員数は「64,143人」でかなり多くなっているという違いも指摘できます。

まとめ

まとめ

「アコム」「セコム」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「アコム」とは「三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下になっている日本の貸金業(消費者金融業)の会社」を意味していて、「セコム」「ホームセキュリティーに強みを持つ国内首位の警備サービス業の会社」を意味しているという違いがあります。

「アコム」「セコム」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物