「豆苗」と「かいわれ大根」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「豆苗」と「かいわれ大根」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「豆苗」「かいわれ大根」の違いを分かりやすく説明していきます。

「豆苗」とは?

「豆苗」とは?

「豆苗」とは、エンドウの若菜のことを言います。

もともとは中華料理において高級食材として存在していましたが、現在では工場による安定生産ができますので、気軽に買える野菜となっています。

栄養はβカロテン、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンC、葉酸と豊富です。

食べ方は炒め物、おひたし、サラダなどがあります。

あくが少なく、そのまま調理できます。

「かいわれ大根」とは?

「かいわれ大根」とは?

「かいわれ大根」とは、大根の種子を育てたものです。

子葉が開いた頃が収穫時期となります。

味は、辛みがあり、サラダなど生で食べたり、汁物などに入れるなどして使います。

栄養はビタミン、ミネラルなどがあります。

一年を通して、安価で手に入る野菜です。

「豆苗」と「かいわれ大根」の違い!

「豆苗」と「かいわれ大根」の違い!

「豆苗」「かいわれ大根」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つはどちらも野菜の種子を発芽させた新芽で、スプラウト食材という共通点があります。

似たような見ために思えるかもしれませんが、まったく違う野菜からできていますので、違いを理解してください。

まず「豆苗」ですが、これはエンドウの若菜となります。

一方「かいわれ大根」は大根の種子を育てたものです。

食感としては「かいわれ大根」の方が細く柔らかく、辛みはありますが生で食べやすいのが特徴です。

「豆苗」「かいわれ大根」よりも太く、固いですので、どちらかと言えば炒めものなど日を通した方が食べやすいでしょう。

また「豆苗」は根がついた状態で購入した場合は、切った後、さらに育てて再収穫できるという利点があります。

ですが、養分を使い果たしたり、雑菌がわくといったこともありますので、再収穫は1回ぐらいが限度と考えておいた方がいいでしょう。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「豆苗」「かいわれ大根」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも一年中安価で手に入りやすい野菜です。

スプラウト食材という共通点がありますが、もともとは違う野菜ですので違いを正しく理解してください。