スポンサーリンク

「ボンゴレロッソ」と「ボンゴレビアンコ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ボンゴレロッソ」と「ボンゴレビアンコ」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ボンゴレロッソ」「ボンゴレビアンコ」の違いの違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ボンゴレロッソ」とは?

「ボンゴレロッソ」とは?

「ボンゴレロッソ」の意味と概要について紹介します。

意味

「ボンゴレロッソ」は、「アサリなどとトマトソースで味付けしたパスタのこと」という意味です。

概要

「ボンゴレロッソ」は、パスタの種類の名前です。

「ボンゴレ」は、「アサリ」「ハマグリ」などの二枚貝を使って作ったパスタのことを言います。

一般的にアサリを使ったものが多くなります。

「ロッソ」はイタリア語で「rosso」と書き、「赤い」「赤ワイン」という意味があります。

パスタですので、「赤」はトマトを表し、トマトソースで味付けしたものを言います。

「ボンゴレビアンコ」とは?

「ボンゴレビアンコ」とは?

「ボンゴレビアンコ」の意味と概要について紹介します。

意味

「ボンゴレビアンコ」は、「アサリなどと白ワインで味付けしたバスタのこと」という意味です。

概要

「ボンゴレ」は、アサリなど二枚貝のだし汁が基本で、ニンニクや塩を加えて味を整えます。

「ビアンコ」はイタリア語で「bianco」と書き、「白い」「白ワイン」という意味があります。

つまり、アサリのだし汁に白ワインを加えて味付けをしたパスタのことを言うのです。

「ボンゴレビアンコ」とは、途中までの作り方は同じです。

「ボンゴレロッソ」と「ボンゴレビアンコ」の違い!

「ボンゴレロッソ」と「ボンゴレビアンコ」の違い!

「ボンゴレロッソ」は、「アサリのだし汁にトマトソースを加えて味付けしたパスタ」です。

「ボンゴレビアンコ」は、「アサリのだし汁に、白ワインを加えて味付けしたパスタ」です。

まとめ

まとめ

「ボンゴレロッソ」「ボンゴレビアンコ」は、加える材料に違いがあります。

色も「白」「赤」と違うので、機会があれば食べ比べてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ物・飲み物
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物