スポンサーリンク

「リーズナブル」と「チープ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リーズナブル」と「チープ」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リーズナブル」「チープ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リーズナブル」とは?

「リーズナブル」とは?

「リーズナブル」とは、主に価格が安いという意味で使われている言葉です。

「とてもリーズナブルだった」といったように使われ、すごく安かったと言っていることになります。

ですが、本来の意味は「納得できる」ことで、安いという意味は、その商品の品質や性能でこの値段なら納得だという解釈からきていると考えていいでしょう。

その為、単に安いというだけの場合にはあまり向いておらず、「価格に納得できる(した)」という場合にこそ使ってください。

「チープ」とは?

「チープ」とは?

「チープ」も、安いことの表現になりますが、こちらは「安っぽい」というニュアンスで用いられる言葉となっています。

その為、「いかにもチープだ」「チープな作りになったいる」のような使い方になり、いい意味にはならない表現です。

値段に対して見合わない場合にも使われることがあり、「あの値段でこれじゃ、さすがにチープだろ」のように使った時がその解釈になります。

「リーズナブル」と「チープ」の違い

「リーズナブル」と「チープ」の違い

「リーズナブル」「チープ」の違いを、分かりやすく解説します。

「リーズナブル」は、値段が価値に見合っている、価値と比較して安価だという意味の言葉で、「チープ」の方は、(値段に対して)安っぽいという表現になります。

「リーズナブル」と使うには、ただ安いだけでなく、値段以上の価値がある場合に限ると考えていいでしょう。

その値段なら納得だという思った時に限って使える表現だと覚えておいてください。

まとめ

まとめ

「リーズナブル」「チープ」は、このように違う言葉です。

どちらも「安い」ことだと解釈できますが、意味合いがかなり違うので、使い分けが必要です。

また、「チープ」は、その表現を悪く言っていることになる為、ただ「安い」という意味で使わないように注意してください。