「狭隘」と「狭小」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「狭隘」と「狭小」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「狭隘」「狭小」の違いについて紹介します。

さらに「狭隘」「狭小」を使った例文と意味を紹介し、解釈して行きます。

「狭隘」の意味や使い方

「狭隘」の意味や使い方

「狭隘」には、「面積などが狭くゆとりがないこと、またその様子」という意味があります。

例えば、とても狭い土地に家を建てようとする時に、「狭隘な土地だけど、住みやすい家を建てられるだろうか」などと、悩むかもしれません。

また「狭隘」には、「心が狭い」「度量が狭い」という意味があります。

そのため、心が狭い人や、度量が狭いと感じられる人を見た時に、「狭隘」という言葉を使ってみましょう 例えば職場の同僚に、心が狭いと感じられる人がいたら、「同僚が狭隘な心の持ち主で付き合いにくい」などと「狭隘」を使った文章にしましょう。

「狭小」の意味や使い方

「狭小」の意味や使い方

「狭小」には「狭くて小さいこと、またその様子」という意味があります。

そのため、狭くて小さいと感じる場所を見た時に、「狭小」という言葉を使ってみましょう。

例えば、ある国の国土が狭くて小さいと感じた時、「A国は狭小な国土しか持たない」などと「狭小」を使った文章にできます。

また「狭小」には、「度量が狭い」という意味もあります。

度量が狭いと感じられる人に対して、「狭小」という言葉を使ってみましょう。

「狭隘」と「狭小」の違い

「狭隘」と「狭小」の違い

「狭隘」「狭小」という言葉の違いを紹介します。

この二つの言葉には「面積が狭い」「心が狭い」という共通点があります。

ただし、「狭小」には、さらに「小さい」という意味が含まれています。

そのため、「狭くて小さい」ものに対しては、「狭小」を使うようにしましょう。

「狭隘」を使った例文と意味を解釈

「狭隘」を使った例文と意味を解釈

「狭隘」を使った例文を紹介し、意味を解釈します。

「これだけ『狭隘』な土地なのに、素晴らしい家が建ってとても嬉しい」

この例文は、家を建てるにしては面積が足りないような場所に、素晴らしい家が建ったことを喜んでいる場面になります。

このように、「狭隘」には、「面積などが狭くゆとりがないこと、またその様子」という意味があります。

設計士の力により、住みやすい家にデザインしてもらえたのかもしれません。

「狭小」を使った例文と意味を解釈

「狭小」を使った例文と意味を解釈

「狭小」を使った例文を紹介し、意味を解釈します。

「『狭小住宅』だが、オシャレで気に入っている」

この例文は、狭くて小さな土地に立った家だが、オシャレのため気に入っているという意味になります。

このように、「狭小」には、「狭くて小さいこと、またその様子」という意味があります。

まとめ

まとめ

「狭隘」「狭小」という言葉の違いについて見てきました。

とても似ている二つの言葉ですが、意味の微妙な違いを知り、適切な使い分けをしましょう。