スポンサーリンク

「ランキング」と「ランク」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ランキング」と「ランク」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ランキング」「ランク」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ランキング」とは?

「ランキング」とは、英語では“ranking”と綴ります。

意味は成績や記録による、順位ということになります。

「ランキング」とはその時点での成績や記録ですので、時間が経てば内容に変動が起こるものです。

ですから「今週のランキング」「現在のランキング」という言い方になるわけです。

「ランキング第一位の化粧品」「彼はあの若さで、世界ランキング第三位まで上がってきている」などと、使います。

「ランク」とは?

「ランク」とは英語で“rank”と綴ります。

意味は順位、等級をつけること、またその順位、等級そのもののことでもあります。

「ランクアップ」などとよく言いますが、これは「ランクが上がる」という意味で、“rank”“up”をプラスした和製英語です。

他に「ランクイン」「ランクダウン」なども併せて覚えておきますといいでしょう。

例えば「10位以内に入る」といった前提の上で話をしている時は8位、9位といった成績であれば「ランクイン」と表現します。

しかし11位、12位と10位以内から出てしまった場合は「ランクダウン」となるわけです。

「ランキング」と「ランク」の違い!

「ランキング」「ランク」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉はどちらも順位、成績を表す言葉として共通点があります。

意味合いは同じですので、どちらを使っても間違いではありませんが、微妙な違いを見ていきましょう。

まず「ランキング」とは成績、記録から出た順位のことです。

これは比べる対象があり、はっきりと数字などで表れた結果ということになります。

一方の「ランク」は順位だけではなく等級という意味合いもあります。

等級とは優劣の段階のことですが、主観が入る場合もあります。

例えば「人をランクづけして態度を変える」「婚活するならランクが高い人がいい」といった言い方をします。

この場合の「ランク」は、何かはっきりとした基準があるわけでなく、その人の主観によって優劣がついているのです。

簡単にまとめますと「ランキングは成績、記録による順位」「ランクは順位や等級をつけること」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ランキング」「ランク」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して使っていくようにしましょう。