「明石焼き」と「たこ焼き」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「明石焼き」と「たこ焼き」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「明石焼き」「たこ焼き」の違いを分かりやすく説明していきます。

「明石焼き」とは?

「明石焼き(あかしやき)」とは、「卵が多めに入った小麦粉・浮粉(じんこ)の生地に、タコだけの具材を入れて柔らかく焼き上げた兵庫県明石市の郷土料理」です。

「明石焼き」は明石市の地元では「玉子焼き」と呼ばれていて、その起源は江戸時代末期にまで遡ると言われています。

「明石焼き」は一般に銅製の鍋で焼き上げられ、「冷たい出汁(だし)」につけてから食べる食べ方をします。

「たこ焼き」とは?

「たこ焼き(たこやき)」とは、「小麦粉の生地にタコや紅生姜などの具材を入れて、直径3~5センチほどのボール形に焼き上げた料理」です。

「たこ焼き」は大阪名物とも言われますが、現在では日本全国どこででも作られて売られている軽食になっています。

「たこ焼き」には「ソース・青のり・鰹節(かつおぶし)」をかけて食べます。

「明石焼き」と「たこ焼き」の違い!

「明石焼き」「たこ焼き」の違いを、分かりやすく解説します。

「明石焼き」「たこ焼き」「小麦粉の生地にタコの具材を入れて焼き上げた料理」という点では同じなのですが、「生地の材料・具材の種類・食感・食べ方」にかなりの違いがあります。

兵庫県明石市の郷土料理である「明石焼き」「小麦粉・浮粉(じんこ)に卵をたっぷりと入れた生地」を使うので、「たこ焼き」よりも柔らかくて黄色い生地になります。

「明石焼き」の具は「タコのみ」ですが、「たこ焼き」はタコ以外にも「紅生姜・ネギ・天かす」などを入れます。

「たこ焼き」はボール形をしていますが、「明石焼き(通称・玉子焼き)」は生地が柔らかいため、平たい楕円形のようになる違いもあります。

また「明石焼き」は冷たい出汁(だし)につけて食べますが、「たこ焼き」にはそういった出汁はついておらず、ソースや青のり、鰹節をかけて食べます。

まとめ

「明石焼き」「たこ焼き」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「明石焼き」とは「卵を多めにした生地にタコだけの具材を入れて焼き上げ、出汁につけて食べる兵庫県明石市の郷土料理・玉子焼きとも呼ばれるもの」を意味していて、「たこ焼き」「小麦粉を主原料とした生地に、タコと各種の薬味を入れて直径4センチ前後のボール形に焼き上げた料理」を意味している違いがあります。

「明石焼き」「たこ焼き」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。