ゴルフの「パー」と「ボギー」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「パー」と「ボギー」の違い スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ゴルフの「パー」「ボギー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「パー」とは?

「パー」とは、「ゴルフのコースにおける規定打数(パー)でホールアウトすること」を意味しているゴルフ用語です。

「パー」はゴルフのスコアにおける基準となる打数で、スコアは「0」となります。

規定打数より1打少なければ「バーディー」でスコアは「-1」、2打少なければ「イーグル」でスコアは「-2」、3打少なければ「アルバトロス(またはダブルイーグル)」でスコアは「-3」となります。

「ボギー」とは?

「ボギー」とは、「ゴルフのコースにおける規定打数(パー)より一打多い打数でホールアウトすること」を意味しているゴルフ用語です。

「ボギー」のスコアは「+1」となり、「パー」よりは点数が悪くなります。

「ボギー」という名前は、19世紀に流行ったイギリスの歌に出てくるなかなか捕まえられない幽霊の「Bogey man(ブギーマン)」に由来していて、元々は「良いスコア」のニュアンスがありました。

「ボギー」より1打多いと「ダブルボギー」、2打多いと「トリプルボギー」と呼ばれます。

ゴルフの「パー」と「ボギー」の違い!

ゴルフの「パー」「ボギー」の違いを、分かりやすく解説します。

ゴルフの「パー」「ボギー」は、「パー(par)」を基準とするゴルフにおいて、「規定打数でホールアウトできたか否か」の違いになっています。

例えば、パー3のコースにおける「パー」というのは「3打でカップ(ホール)にボールを入れること」を意味していて、「ボギー」「パーより1打多い4打でカップにボールを入れること」を意味している違いを指摘できます。

「パー」は規定打数でホールアウトすることでスコアは「0」になりますが、「ボギー」は規定打数より一打多いので「+1」になる違いもあります。

まとめ

ゴルフの「パー」「ボギー」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「パー」とは「各ホールに定められている規定打数でボールをカップ(ホール)の中に入れること」を意味していて、「ボギー」「規定打数のパーよりも一打少ない打数でボールをカップの中に入れること」を意味している違いがあります。

「パー」「ボギー」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物