スポンサーリンク

「ヨガ」と「ホットヨガ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ヨガ」と「ホットヨガ」の違いスポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ヨガ」「ホットヨガ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ヨガ」とは?

「ヨガ」とは?

「ヨガ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ヨガ」「ヨーガ」と言うこともあります。

「ヨガ」は、古代インドで発祥した、瞑想を主とした宗教的行法で、現在はフィットネス的な要素が強くなっています。

もともと「ヨガ」は、精神を統一して、心の働きを止め、輪廻から解脱に至ろうとするものでした。

現在の「ヨガ」は、身体的ポーズを取ることを中心とした、フィットネス的なものを指し、宗教色を排したものになっています。

フィットネスクラブなどで教室が開かれて、呼吸を整えながら、全身をストレッチすることで、心と体の調子を整える効果が期待できます。

一般的な健康問題が改善し、ストレス解消、体のバランスを整える、さらにメンタルヘルスの改善が期待できるとされています。

このように「ヨガ」は、宗教色を薄められた、フィットネス種目の一つとして、高齢者でも楽しめる、身体への負荷が軽い運動として、老若男女の特に女性から、強い支持を集めています。

「ホットヨガ」とは?

「ホットヨガ」とは?

「ホットヨガ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ホットヨガ」「」と読みます。

「ホットヨガ」は、「ヨガ」の一種で、室温が35度から39度、さらに湿度60パーセント前後に保たれた室内で行います。

高温多湿の環境は、「ヨガ」発祥のインドに近いとされています。

常温で行われている「ヨガ」と比較して、温かいために筋肉が良く伸びるという説があります。

一方で、高温多湿の中でのエクササイズは、身体への負荷が大きいとされています。

たくさん汗をかくことで、同時にストレスも解消できると言われ、精神的ストレスを軽減する効果が期待できます。

また、大量に汗をかくことで、一時的に体重が落ちることから、ダイエット目的で行うエクササイズとしても人気があります。

ただし、熱中症には気を配る必要があります。

日本では2009年頃から人気エクササイズの仲間入りをしています。

「ヨガ」と「ホットヨガ」の違い

「ヨガ」と「ホットヨガ」の違い

「ヨガ」「ホットヨガ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ヨガ」「ホットヨガ」も、古代インドの宗教的行法からスタートした、エクササイズとなっています。

呼吸法と、ストレッチ、軽い筋トレ効果がある点も共通しています。

ただし、「ヨガ」は常温で行われるのに対して、「ホットヨガ」は39度近い高温多湿の環境で行われるという大きな違いがあります。

その結果、「ヨガ」に比べて、「ホットヨガ」の方が汗をかきやすく、疲労しやすいという傾向があります。

また「ヨガ」よりも「ホットヨガ」の方が、行っている人の女性比率が高い傾向があります。

まとめ

まとめ

「ヨガ」「ホットヨガ」の違いについて見てきました。

「ヨガ」「ホットヨガ」は、実践される環境に大きな違いがありましたこれから習ってみたい人は、その違いに注目してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物