「モダンバレエ」と「コンテンポラリー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「モダンバレエ」と「コンテンポラリー」の違い スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「モダンバレエ」「コンテンポラリー」はよく似たダンスの光景を連想させる区別しにくい二つの言葉ですが、「モダンバレエ」「コンテンポラリー」の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「モダンバレエ」「コンテンポラリー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「モダンバレエ」とは?

「モダンバレエ」とは、「18~20世紀の近代に西欧社会で確立された、表現の自由度と様式美の調和の取れたバレエ」のことです。

「モダンバレエ」を含む近代的なモダンダンスの創始者は、表現の自由な踊りを追求したイサドラダンカンというダンサーだと言われています。

「モダンバレエ」は伝統的なクラシックバレエと比べると、身体を使った感情表現の自由度が高くなっています。

「コンテンポラリー」とは?

「コンテンポラリー」とは、「感情表現・スタイル・服装などの自由度を高めた現代的な芸術表現・舞踊(ダンス)」を意味しています。

ダンス分野で「コンテンポラリー」という時は、一般的に「1960年代以降に考案された形式や伝統にとらわれずに、独創的・新規的な表現を生み出していくコンテンポラリーダンス」のことを指すことが多くなっています。

「モダンバレエ」と「コンテンポラリー」の違い!

「モダンバレエ」「コンテンポラリー」の違いを、分かりやすく解説します。

「モダンバレエ」とは「18~20世紀の西欧の近代に確立された調和の取れたバレエ」であり、「伝統的なクラシックバレエよりも身体を使った感情表現の自由度が高い」という特徴があります。

それに対して、「コンテンポラリー」というのは「現代的な表現・スタイルの自由度が高い芸術表現・舞踊(ダンス)」を意味しているという違いがあります。

「モダンバレエ」はバレリーナらしくトゥーシューズを履いてクラシックバレエの基本的な型・方法を踏襲した上で自由度を高めていますが、現代舞踊(現代的ダンス)である「コンテンポラリー」は、服装も靴も縛りがなくバレエの型・方法に従わなくても良いという違いを指摘できるのです。

まとめ

「モダンバレエ」「コンテンポラリー」の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「モダンバレエ」という言葉は、「18~20世紀の近代に確立された、クラシックバレエよりも感情表現の自由度が高いバレエ」を意味しています。

それに対して、「コンテンポラリー」というのは「1960年代以降の自由で独創的な表現を特徴とする現代的なダンス」の意味合いを持っています。

「モダンバレエ」「コンテンポラリー」の違いを知りたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物