「ヒットエンドラン」と「ランエンドヒット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ヒットエンドラン」と「ランエンドヒット」の違い スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

野球で「ヒットエンドラン」「ランエンドヒット」は、一体何が違うのでしょうか。

それぞれの意味と概要についても併せて紹介します。

「ヒットエンドラン」とは?

「ヒットエンドラン」の意味と概要について紹介します。

意味

「ヒットエンドラン」は野球の戦術の一つで、「ピッチャーが投げると同時にランナーが走り、バッターが必ず打つというサイン」という意味です。

このサインが出たら、ランナーは必ず走り、バッターはどの様な球でも打たなければなりません。

概要

「ヒットエンドラン」は、英語で“Hit and run”「打って走る」が日本語化した言葉です。

主に1塁にランナーがいる場面で、2塁に進める為に行います。

先にベンチからサインが出ていて、ピッチャーが投げると同時にランナーはスタートをして、バッターがボール球であっても必ず打ちにいきます。

ヒットが出れば大きく進塁できて、ゴロでもダブルプレーになりにくいのです。

「ランエンドヒット」とは?

「ランエンドヒット」の意味と概要について紹介します。

意味

「ランエンドヒット」は、「ピッチャーが投げると同時にランナーが走り、バッターは自分の判断で打つか見送るかできるサイン」です。

単独で成功すれば「盗塁」になります。

概要

「ランエンドヒット」は、英語で“Run and hit”「走って打つ」が日本語化した言葉です。

ランナーは必ず走るのですが、バッターは球を見て打つか見逃すか自分で決められます。

バッターはボール球を無理に打たずに済みます。

「ヒットエンドラン」と「」の違い!

「ヒットエンドラン」は、バッターが必ず打たなければなりません。

「ランエンドヒット」は、バッターは打っても見逃しても良いのです。

まとめ

「ヒットエンドラン」「ランエンドヒット」は、バッターの選択肢が違います。

野球のゲームを見ていて、ランナーが急に走った時には何らかのサインが出ていると思いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物