「ハニートラップ」と「美人局」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ハニートラップ」と「美人局」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ハニートラップ」「美人局」は一体どの様な点が違うのでしょうか。

それぞれの意味と概要についても併せて紹介します。

「ハニートラップ」とは?

「ハニートラップ」とは?

「ハニートラップ」の意味と概要について紹介します。

意味

「ハニートラップ」の意味は、「異性を色仕掛けで騙したり、罠にはめること」です。

金銭目的だけではなく、相手を誘惑してスキャンダルを起こし失脚させたり、弱みを握って脅迫して情報を入手することなどを言います。

概要

「ハニートラップ」は本来、女性スパイの作戦として使われていました。

相手から情報を引き出す為に、女性のスパイが近づき親密な関係になることも多いのです。

しかし現代では、スパイだけではなく政治家や大物有名人などを罠にかける手段として使われることが多くなっています。

金品を脅し取るのではなく、色仕掛けで異性を罠にはめること全てを表す言葉です。

「美人局」とは?

「美人局」とは?

「美人局」の意味と概要について紹介します。

意味

「美人局」「つつもたせ」と読み、「夫婦が共謀して、妻が他の男性を誘惑して関係を持ち、その現場に夫が現われて男性を脅して金銭を巻き上げることを言います。

概要

「美人局」は、現代では夫婦でなくても、女性が被害者に近づいて誘惑して親密になったところへ、彼氏など共犯の男が現れて、金銭を脅し取るという犯罪を表す言葉です。

基本的に「金銭を脅し取る」という恐喝行為が含まれ、お金がからまなければ「美人局」とは言いません。

「ハニートラップ」と「美人局」の違い!

「ハニートラップ」と「美人局」の違い!

「ハニートラップ」は、「異性を色仕掛けで罠にはめること」です。

「美人局」「異性を色仕掛けで罠にはめて、共犯の男性が金銭を脅し取ること」です。

2つの違いは「お金を脅し取るかどうか」という点です。

まとめ

まとめ

「ハニートラップ」「美人局」は、お金が絡む犯罪かどうかという違いがあります。

どちらも男性にとっては注意するべき言葉です。