「邁進」と「精進」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「邁進」と「精進」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「邁進」「精進」はよく似た意味を連想させる混同しやすい二つの言葉ですが、「邁進」「精進」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「邁進」「精進」の意味の違いを分かりやすく解説していきます。

「邁進」とは?

「邁進(まいしん)」という言葉は、「目的に向かって、恐れず迷わずに(まっしぐらに)突き進むこと」を意味しています。

「邁進」「邁」「どんどん前に進む・他を追い越して進む」の意味を持っていて、「進」「進むこと」の意味を持っているのです。

「邁進」の表現は、「大きな目標を達成できるように邁進していきます」といった文章で使えます。

「精進」とは?

「精進(しょうじん)」という表現は、「雑念をなくして仏道修行に励むこと・行いを慎んで身を清めること・肉食を断って菜食にすること」などの仏教用語の意味が原義になっています。

仏教用語から転じて、「精進」には「一つのことに集中(専心)して、一生懸命に努力すること」の意味が生まれました。

「精進」の表現は、「プロの料理人として精進して参ります」などの例文で使用することができます。

「邁進」と「精進」の違い!

「邁進」「精進」の違いを、分かりやすく解説します。

「邁進」という言葉は「目的に向かって、恐怖を抱かずまっしぐらに突き進むこと」を意味していますが、「精進」には「恐れることなく突き進む・どんどん前に進む」という「邁進」のような意味合いはありません。

「精進」というのは、「ストイックに仏道修行に専念すること・肉食をやめて菜食にすること・身を清めて行いを控えること」などの仏教用語が原義になっている点が、「邁進」との大きな違いです。

「精進」には「一つのことに意識を集中して頑張る」の意味がありますが、「邁進」には「精神集中・頑張る」という意味合いはありません。

「邁進」「迷わず恐れず突き進むこと」に意味の重点がありますが、「精進」「一生懸命に努力すること」に意味の重点が置かれている違いを指摘できます。

まとめ

「邁進」「精進」の意味の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか?

「邁進」というのは、「目的に向かって、恐れることなく突き進むこと」を意味しています。

それに対して、「精進」という表現は「一つのことに集中して、一生懸命に努力すること」の意味合いを持っています。

「邁進」「精進」の意味の違いを詳しく調べたい時には、この記事の説明をチェックしてみてください。