「旅」と「旅行」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「旅」と「旅行」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「旅」「旅行」の違いを分かりやすく説明していきます。

「旅」とは?

「旅」とは、いつもの行動範囲以外の離れた場所を訪れることです。

最終的には戻ってくるといった意味まで含まれており、何かを見に行くといったような目的があって行われる場合だけでなく、特にそのようなものが無くてもこの「旅」だと表現できます。

元の場所に戻ってくると書きましたが、そうではない場合もあり、その時には「流浪の旅」と表現されます。

ただし、それを続けている間だけに使われる表現で、最後に戻ってくる可能性は否定できません。

いつもとは違う土地で、「今は旅の途中だ」のような使われ方になり、そういった行動に出ることを「旅に出る」と使う言葉です。

「旅行」とは?

「旅行」は、言葉自体の意味としては、先の「旅」と一緒だと解釈していいでしょう。

ただし、実際に使われる場合のニュアンスとして、こちらはきちんとした計画がある「旅」を表現する場合に用いられることが多いです。

「九州に3泊4日の旅行に行く」「旅行プランを考えている最中だ」などと、戻ってくるまでの計画が含まれた「旅」がこのように表現されると覚えておいてください。

「旅」と「旅行」の違い

「旅」「旅行」の違いを、分かりやすく解説します。

この2つの言葉は、言葉自体が意味するものは一緒ながら、前述のような「計画性」があるかどうかで使い分けられています。

その為、「ちょっとした旅行に出る」とした時には、計画があり、数日で戻ってくるようなそれだと分かり、「旅にでも出ようと思っている」のような使われ方では、あまり計画性はなく、いつ戻ってくるかも決まっていないのだと解釈することができます。

まとめ

「旅」「旅行」は、このような違いになります。

言葉として違いがある訳ではないものの、実用面では、計画的なものか、そうではないのかという使い分けをすると考えておいていいでしょう。