「留守電」と「伝言メモ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「留守電」と「伝言メモ」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「留守電」「伝言メモ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「留守電」とは?

「留守電」の意味と使い方について紹介します。

意味

「留守電」「るすでん」と読み、スマホの場合「サービスセンターを通して不在の時や通話できない時に相手のメッセージを録音、後から聞ける機能のこと」という意味です。

その機能のことを表すこともあれば、電話機自体を表すこともあります。

使い方

スマホの場合、「留守電」は、「留守番電話サービス」の略称で、オプション契約として別途料金がかかります。

その分利便性は高く、圏外でも電源が入っていなくても、相手にメッセージを残せます。

そかもその留守電に録音されたメッセージを聞く為には、通話料がかかるのです。

録音できる時間は3分ですのでかなり長く話せますが、保存期間や件数は制限されます。

「伝言メモ」とは?

「伝言メモ」の意味と使い方について紹介します。

意味

「伝言メモ」は、スマホの場合「電話機に内臓されている音声録音機能を使い、留守中に相手の声を録音しておき、後で聞くこと」という意味です。

使い方

「伝言メモ」は、スマホ本体に搭載されている機能であり、無料で使えます。

但し、圏外であったり、電源が入っていない状態ではメッセージを残せません。

通話できる状態の時にのみ使える機能なのです。

録音できる時間は1分間で、スマホにメモリ容量があれば、無制限で保存できます。

「留守電」と「伝言メモ」の違い!

「留守電」「伝言メモ」の違いを、分かりやすく解説します。

システム

「留守電」は、「スマホでサービスセンターを通してメッセージを録音・再生すること」です。

「伝言メモ」は、「スマホに内臓されている音声録音機能を使い、メッセージを録音・再生すること」です。

料金

「留守電」は、オプションであり有料です。

「伝言メモ」は、端末に搭載されている機能で無料です。

まとめ

「留守電」「伝言メモ」は、システムが違います。

自分のライフスタイルに応じて使い分けましょう。