「罵詈雑言」と「悪口雑言」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「罵詈雑言」と「悪口雑言」の違いとは?違い比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「罵詈雑言」「悪口雑言」の違いを分かりやすく説明していきます。

「罵詈雑言」とは?

「罵詈雑言」に用いられている漢字は、まず、「罵」「詈」には、「ののしる」といった意味があります。

そして、「雑言」には、「悪口」といった意味があり、結果、「罵詈雑言」の意味は、悪口を言って相手をののしることを意味し、その言葉は、非常に汚く、ひどい言葉となることを意味します。

「罵詈雑言」の目的は、ひどい悪口で相手を傷つけることです。

そのため、相手を思い注意する行為とは別物となります。

そして、「罵詈雑言」の場合、対象人物が明確に存在し、その対象人物に対し、陰で陰口として言うのではなく、面と向かって直接いう行為となります。

「罵詈雑言」の使い方

「罵詈雑言」の使い方には、単に言うだけではなく、「罵詈雑言を吐く」「罵詈雑言を浴びせる」「罵詈雑言を並べる」などがあります。

「悪口雑言」とは?

「悪口」「雑言」の2つの言葉から成り立つ「悪口雑言」

悪口を言うといった意味となります。

しかも、あれこれと思う存分、相手に向かって直接、悪口を言うといった意味で、陰でいう陰口とは異なります。

「悪い」という漢字が用いられていることから、相手のことを悪く言うといったことが強調された悪口となります。

「悪口雑言」の使い方

「悪口雑言」の使い方は、単に言うだけではなく、「悪口雑言を吐く」「悪口雑言を浴びせる」「悪口雑言の末」などがあります。

「罵詈雑言」と「悪口雑言」の違い

同じようにひどい言葉で相手に向かって傷つくような言葉を浴びせるといった意味では同じ意味となる「罵詈雑言」「悪口雑言」ですが、よりひどい言葉で相手を傷つける行為が「罵詈雑言」で、悪口によって相手を傷つけるといった意味が強調されているのが「悪口雑言」となります。

「罵詈雑言」の場合、汚い、ひどい言葉が多く用いられ、「悪口雑言」の場合、悪口ばかりを並べ罵られる、といった意味が強いものとなります。

「罵詈雑言」の例文

・『夫は、私に向かい罵詈雑言を吐いて、そのまま、家を出ていきました。』

・『どれだけ、相手に腹が立ったとしても罵詈雑言を浴びせる行為だけはしてはならない。』

・『クラスメイト数人から、罵詈雑言を浴びせられ私は不登校になりました。』

・『昨夜の罵詈雑言をお酒のせいにして逃げるのは卑怯です。』

「悪口雑言」の例文

・『少しのすれ違いで互いに悪口雑言を浴びせ、結果、仲良しの関係は解消されました。』

・『部長が同期に対し浴びせる悪口雑言を聞くのは、私自身も辛いです。』

・『喧嘩がヒートアップし、悪口雑言が飛び交う結果となってしまいました。』

・『何も考えず腹が立った気持ちのまま、妻に悪口雑言を吐き後悔しています。』

まとめ

同じような意味として用いられる「罵詈雑言」「悪口雑言」ですが、何を強調しているのかによって使い分ける言葉となります。

汚い言葉、ひどい言葉を強調したい場合が「罵詈雑言」

悪口を強調したい場合は、「悪口雑言」と覚えておくとわかりやすくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い比較
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物