「無担保ローン」と「有担保ローン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「無担保ローン」と「有担保ローン」の違い 金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク

私達が生活するためには、様々な出来事やイベントはあるために、多くのお金が必要となります。

しかし、そのまとまったお金を準備することが難しいために、利用するのが「ローン」です。

こローン」には、大きく「無担保ローン」「有担保ローン」があります。

今回はこの2つの「ローン」について説明をしていくことにします。

「無担保ローン」とは?

「無担保ローン」とは?

「無担保ローン」「担保を必要とせずに金を借りることができるローンのこと」を知っています。

通常であれは、「ローンを組む」場合、土地や家などを担保としてお金を借りることになりますが、この「無担保ローン」を受ける場合は、大きな担保は一切不要なので、非常に便利なのです。

「無担保ローン」3種類あり、「消費者金融系」「信販系」「銀行系」が挙げられます。

但し、金融機関によりサービス内容は違うことがあるものの、個人信用をベースにお金を貸していることは共通している条件です。

但し、銀行系ローンを利用するケースでは保証会社を付けることになるため、担保は不要なものの、保証会社が保証人の役割を果たしています。

「有担保ローン」とは?

「有担保ローン」とは?

「有担保ローン」は、「借入条件として担保が必要なローン」を指しています。

「担保」とは、「借入金返済が不可能になった場合に備えて、あらかじめ借りた金額と同程度の物を提供して債務弁済を確保するもの」です。

一例では、住宅ローンを受ける場合は、融資対象となる建物を担保とし抵当権を設定することになります。

「無担保ローン」と「有担保ローン」の違い!

「無担保ローン」と「有担保ローン」の違い!

「無担保ローン」「有担保ローン」の違いもを見ると、大きく金利の違いがあります。

「有担保ローン」「無担保ローン」では金利が異なります。

一般的には「有担保ローン」よりも「無担保ローン」の方が高く、住宅ローンを見て見ると、「有担保ローン」「住宅ローン」金利は、1%以下で多いのですが、「無担保ローン」の場合は、上限金利が10%を超えているけケースが多くなっています。

また、借入金額の上限も異なり、「無担保ローン」は少額であり、「有担保ローン」は最大で1億円になることもあります。

まとめ

まとめ

日常生活の中で「無担保ローン」「有担保ローン」は、非常に貴重なローンであることは言う間でもありません。

しかし、計画的な運用が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物