「森」と「林」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「森」と「林」の違い 動物・植物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「森」「林」の違いを分かりやすく説明していきます。

「森」とは?

「森」の意味と概要について紹介します。

「森」の意味

「森」「もり」と読みます。

意味は、「人の手が加わっておらず、様々な種類の樹木が生い茂っている地帯のこと」になります。

「森」の概要

「森」は、樹木の種類が多く、人の手が加わっていない自然にできた地域のことを言います。

昼間でも太陽の光が差し込まない場所が多い為に湿っていて、背の高い樹木の下に低木や雑草、キノコ類が繁殖しています。

人が頻繁に出入りする場所ではないので、歩道も整備されていない場所もあります。

「森」の語源は「盛り」からきていて、農林水産省の定義では「自然にできた樹木の密集地」とされています。

更に「森林(しんりん)」と言う場合、「森よりも更に広範囲で樹木が密生している地域のこと、或いはその地域に生息している動植物や土壌の総称」になります。

「林」とは?

「林」の意味と概要について紹介します。

「林」の意味

「林」「はやし」と読みます。

意味は、「人の手が加わっていて、単種の樹木が多く立ち並んでいる地帯のこと」になります。

「林」の概要

「林」は、基本的に人の手が加わっている、或いはかつて人の手により作られて放置されている地域で、人の生活の為に植樹された為に、同じ樹木が立ち並び、木材など資源として利用できる樹木が多くなります。

「林」の語源は「生やし」からきていて、農林水産省の定義では「人工的につくられた樹木の密集地」とされています。

木と木の間隔が一定で、順序良く並んでいるのも特徴の一つです。

「森」と「林」の違い!

「森」は、「人の手が加わっておらず、様々な種類の樹木がある地帯のこと」です。

「林」は、「人に手が加わっていて、同じ種類の樹木が多い地帯のこと」です。

まとめ

今回は「森」「林」の違いをお伝えしました。

「自然にできたのが森」「人が生活の為に植樹したのが林」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物・植物
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物