「ジャガビー」と「じゃがりこ」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ジャガビー」と「じゃがりこ」の違い 食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ジャガビー」「じゃがりこ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ジャガビー」とは?

「ジャガビー」とは、「カルビー社が2006年から製造しているスライスした皮付きじゃがいもを揚げて味付けしたフライドポテトのような形状のスナック菓子」です。

「ジャガビー」のイメージキャラクターは、「じゃがいもの妖精・ポッタ」です。

じゃがいもの「じゃが」とカルビーの「ビー」を合わせて「じゃがビー」になったというのが、「ジャガビー」の名前の由来です。

「ジャガビー」の1カップあたりのカロリーは「299kcal」になります。

「じゃがりこ」とは?

「じゃがりこ」とは、「カルビー社が1995年から製造している蒸してほぐしたじゃがいもを揚げて味付けしたまっすぐな棒状をしたスナック菓子」です。

「じゃがりこ」のイメージキャラクターは、「キリンのキャラクター」です。

「じゃがりこ」の名前には、じゃがいもの「じゃが」と開発担当者の友人の名前リカコさんの「りこ」を合わせて「じゃがりこ」になったという由来があります。

「じゃがりこ」の1カップあたりのカロリーは「233kcal」になります。

「ジャガビー」と「じゃがりこ」の違い!

「ジャガビー」「じゃがりこ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ジャガビー」「じゃがりこ」はどちらも、「カルビー社が製造しているじゃがいもを原材料としたスティック状のスナック菓子」ということでは共通していますが、「販売開始の時期・製造方法・味と形と食感」に違いがあります。

「ジャガビー」「2006年販売開始・スライスした皮付きじゃがいもを揚げる・じゃがいもの素材感を生かしたフライドポテトのような形・ざっくりした食感」の特徴があります。

それに対して、「じゃがりこ」「1995年販売開始・蒸してほぐしたじゃがいもを揚げる・塩味の効いた棒状の整った形・カリカリした食感」の特徴があるという違いを指摘できます。

まとめ

「ジャガビー」「じゃがりこ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ジャガビー」とは「2006年から発売されているスライスした皮付きのじゃがいもを油で揚げて味付けしたスティック状のスナック菓子」であり、「じゃがりこ」「1995年から発売されている蒸してほぐしたじゃがいもを油で揚げて味付けしたスティック状のスナック菓子」のことです。

「ジャガビー」「じゃがりこ」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。