「内孫」と「外孫」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「内孫」と「外孫」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「内孫」「外孫」の違いを分かりやすく説明していきます。

「内孫」とは?

「内孫(うちまご・ないそん)」とは、「自分・イエの跡取りとなる夫婦(主に長男夫婦)から生まれた子」「姓(名字)が同じ直系の孫」のことを意味しています。

「内孫」「旧イエ制度」と関係した言葉でもあり、「家督を継承する夫婦・長男夫婦から生まれた子」「祖父母と姓(名字)が一緒の孫」のことを意味しているのです。

「内孫」には、「イエ(一族)の後継者になる直系の孫で、祖父母と一緒に住んでいて姓(名字)が同じである」といった意味合いが含まれているのです。

「外孫」とは?

「外孫(そとまご・がいそん)」とは、「結婚して他のイエに嫁入りした娘にできた子」「分家して後継者(家督継承者)ではなくなった息子にできた子」のことを意味しています。

「外孫」には、「家督を継承しない娘夫婦(分家した息子夫婦)から生まれた子」「祖父母と姓(名字)が違うことが多い孫」のことを意味しているのです。

「外孫」には、「イエ(一族)の後継者になることがない非直系の孫で、祖父母と別居していることや姓(名字)が違うことが多い」といった意味合いが含まれています。

「内孫」と「外孫」の違い!

「内孫」「外孫」「自分の子にできた子供=孫」を意味しているということでは同じなのですが、「内孫」「外孫」の意味の違いには「家督継承のイエ制度」が関係しています。

「内孫」というのは「そのイエ(一族)の跡取りとなる長男夫婦から生まれた子・家督を継いだ長男などの子」を意味していますが、「外孫」「他のイエに嫁入りした娘の子・分家した息子の子」を意味している違いがあります。

シンプルに「内孫」「直系の孫・姓(名字)が一緒で同じ家に住んでいる孫」「外孫」「非直系の孫・姓(名字)が違っていて別の家に住んでいる孫」という違いで区別することもできます。

まとめ

「内孫」「外孫」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「内孫」とは「その家の跡取りとなる夫婦から生まれた子供(家督を継ぐ長男の子供)・直系の孫」を意味していて、「外孫」「他の家に嫁にいった娘にできた子供・分家した息子にできた子供」を意味している違いがあります。

「内孫」「外孫」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。