「合併」と「買収」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「合併」と「買収」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「合併」「買収」の違いを分かりやすく説明していきます。

「合併」とは?

「合併」とは?

「合併」とは、いくつかの物が合わさって、一つになることを言います。

また合わせて一つにすることでもあります。

例えば、二つの会社が話し合って、一つの会社となることや、村と村が合わさって新しい町となるといったことを言います。

「ライバル会社と合併して、生き残りをかけた」「町村合併によって、どんな風に生活が変わるのだろうか」などと、使います。

「買収」とは?

「買収」とは?

「買収」とは、買い取ること、買い占めることを言います。

またこっそりと利益を与えて、味方にするといったことでもあります。

特に選挙などにおいて、特定の候補者を当選させる為に、選挙人、選挙運動者に、お金や何らかの利益を与えることは「買収罪」という罪になります。

「何年も前から用地を買収していた」「有権者を買収している疑いがある」「みんな、買収されていたんだ、私は裏切られた」などと使います。

「合併」と「買収」の違い!

「合併」と「買収」の違い!

「合併」「買収」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は、似たような印象を受けますが、それぞれ別の意味がある言葉です。

間違えないように、それぞれ正しく理解していきましょう。

まず「合併」ですが、これはいくつかある物が合わさり一つになることを言います。

また、意志を持って合わせて一つにすることでもあります。

「合併」という言葉自体が悪い意味ではありませんが、例えば「合併症」などと言う場合は、ある病気に関連して起こる他の病気という意味ですので、いい意味とは言えません。

このように前後にある言葉から悪い意味になることもあると覚えておきましょう。

「買収」は買い取る、買い占める、秘かに利益を与え味方にするといった意味になります。

「買収罪」という罪になることもありますので「買収」という言葉は印象が悪いとも言えます。

まとめますと「合併とは複数が合わさり一つになる」「買収とは買い取る、買い占める、秘かに利益を与え味方にする」となります。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「合併」「買収」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して使い分けていきましょう。