スポンサーリンク

「定価」と「原価」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「定価」と「原価」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「定価」「原価」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「定価」とは?

「定価」とは、ある商品の「決まっている値段」のことを言います。

そもそもの値段ということになりますので、「定価」で買うのが一番高いということでもあります。

そこで「定価で買うことはしない」という言い方があるわけです。

他には「定価の2割引き」「コンビニは定価販売なのでスーパーで買う」「レアものならば、オークションで定価越えすることもある」などと、使います。

「原価」とは?

「原価」とは、ある製品を作り、販売するまでにかかった費用のことを言います。

また商品を仕入れた時の値段のことでもあります。

「原価率が高ければ、その分利益は少ない」「原価に対して、この値段はぼったくりだ」「原価自体が高くなっているので、値上げするしかない」などと、使います。

「定価」と「原価」の違い!

「定価」「原価」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は、物の売り買いに対してよく使われる言葉です。

ですがそれぞれの意味はまったく違うものですから、しっかりと覚えて使い分けてください。

まず「定価」ですが、これはある商品の決まっている値段です。

売る側が割引価格で売ることができる場合と、できない場合があります。

例えば、書籍、CDなどは「定価」販売が義務づけられています。

お店側が勝手に割引することはできないわけです。

ですが、ポイントなどを使ってお得に購入するという方法はとれます。

また「定価」より安くして売ることができる場合でも、割引率を多くすればするほど売る側の利益は減ります。

一方の「原価」ですがこれは、製品、商品を作り販売までに使った費用のことを言います。

また仕入れた時の値段ということでもあります。

つまり商売においては「原価」を低く抑えることが儲けを大きくすることになります。

しかしスーパーなどにおいては「原価」ぎりぎりで安売りをすることもあります。

これはお客を集めることが目的ということがほとんどです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「定価」「原価」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を理解して使い分けていきましょう。