スポンサーリンク

「鉄筋コンクリート」と「木造アパート」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「鉄筋コンクリート」と「木造アパート」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「鉄筋コンクリート」「木造アパート」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「鉄筋コンクリート」とは?

「鉄筋コンクリート」とは?

「鉄筋コンクリート」の意味と概要について紹介します。

「鉄筋コンクリート」の意味

「鉄筋コンクリート」「てっきんこんくりーと」と読みます。

意味は「コンクリートの芯に鉄筋を入れて、強度を高めた建築材を使うこと」です。

「鉄筋コンクリート」の概要

「鉄筋コンクリート」は、コンクリートの芯に鉄筋を入れて、より強い構造に仕上げた建物のことを言います。

「鉄筋」は、引っ張られる力に強いのですが、錆びやすいという欠点があります。

「コンクリート」は、圧縮される力には強いのですが、引っ張られる力に弱いという欠点があります。

この2つの長所を合わせて、欠点を補い合う為に作られたのが「鉄筋コンクリート」です。

マンションなど大型の建築物はほぼ「鉄筋コンクリート」であり、「耐震性・耐火性・遮音性・断熱性・耐久性」に優れています。

「木造アパート」とは?

「木造アパート」とは?

「木造アパート」の意味と概要について紹介します。

「木造アパート」の意味

「木造アパート」「もくぞうあぱーと」と読みます。

意味は「日本の伝統的な木造軸工法により建てられた賃貸物件のこと」です。

「木造アパート」の概要

「木造アパート」は、日本の伝統的な木造建築によりアパートのことで、工期が短く、耐震性に優れています。

最大の特徴は「夏に涼しく冬に温かい」という点で、居心地良の良い住宅になります。

建築費や材料費が安い為に、アパートの家賃も低めになります。

設計が比較的自由になり、「鉄筋コンクリート」よりも壁が薄い分、間取りが広くなります。

但し、遮音性が低く、外の音が聞こえやすい他に、隣近所の騒音も耳に入り易くなります。

「鉄筋コンクリート」と「木造アパート」の違い!

「鉄筋コンクリート」と「木造アパート」の違い!

「鉄筋コンクリート」「コンクリートの芯に鉄筋を入れて、強度を高めた建築材を使うこと」です。

「木造アパート」「日本の伝統的な木造軸工法により建てられた賃貸物件のこと」です。

まとめ

まとめ

今回は「鉄筋コンクリート」「木造アパート」の違いをお伝えしました。

「鉄筋コンクリートは大型マンション向き」「木造アパートは小規模の賃貸物件向き」と覚えておきましょう。