野球における「クローザー」と「ストッパー」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「クローザー」と「ストッパー」の違い スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、野球における「クローザー」「ストッパー」の違いを分かりやすく説明していきます。

野球における「クローザー」とは?

野球における「クローザー」の意味と概要について紹介します。

「クローザー」の意味

「クローザー」は、「9回を任された抑えのピッチャーのこと」という意味です。

「クローザー」の概要

「クローザー」は、英語で“closer”と書き、「閉める人」という意味があります。

野球では、9回になった時に抑えとしてマウンドに出てくるピッチャーのことを言います。

最終回には両チームとも気合いが入り、攻撃をする側としては負けている場合には「何が何でも逆転してやる」という気持ちになるものです。

また、今までのピッチャーの癖を読んで慣れていることから、同じピッチャーのままだと本当に逆転されてしまう可能性があります。

その様な場合に、最終回だけピッチャーを替えて相手が打ちにくくなる様するという戦術を取り、その時のピッチャーを「クローザー」と言うのです。

野球における「ストッパー」とは?

野球における「ストッパー」の意味と概要について紹介します。

「ストッパー」の意味

「ストッパー」は、「試合の後半戦でピンチになった時に任されるピッチャーのこと」という意味です。

「ストッパー」の概要

「ストッパー」は、英語で“stopper”と書き、「止める人」という意味があります。

一般的には野球の試合の後半7回、8回あたりで、チームがピンチになった時に出てくるピッチャーのことを言います。

スポーツは流れが大切で、一度相手に安打が出てしまうと、波に乗ってそのまま大量得点されてしまう可能性があります。

その様な時に、嫌な流れを止める為にピッチャーを交代させる戦術を取り、その時のピッチャーを「ストッパー」というのです。

野球における「クローザー」と「ストッパー」の違い!

「クローザー」「最終回に出てくる抑えピッチャーのこと」です。

「ストッパー」「チームがピンチになった時に出てくるピッチャーのこと」です。

まとめ

今回は野球における「クローザー」「ストッパー」の違いをお伝えしました。

「クローザーは抑えピッチャー」「ストッパーはピンチの時のピッチャー」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物