スポンサーリンク

「磯釣り」と「堤防釣り」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「磯釣り」と「堤防釣り」の違いスポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさんは「磯釣り」「堤防釣り」という釣りがどのような釣り方なのかご存知でしょうか?

そこでこの記事では、「磯釣り」「堤防釣り」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「磯釣り」とは?

「磯釣り」とは?

「磯釣り」「いそづり」という読み方になります。

この「磯釣り」「荒波の洗う岩場での釣りのこと」ですが、危険度が高くて救命具の携行したり単独で行動しないようにしなくてならない注意点が挙げられます。

「堤防釣り」とは?

「堤防釣り」とは?

「堤防釣り」「ていぼうつり」という読み方になります。

この「堤防釣り」「堤防の近くで仕掛けを沿わせて上下のタナを探りながら行う釣りのこと」を言っています。

「堤防釣り」では底近くでアタリが出ることがあったり、中層でアタリが集中することもあります。

釣れる魚は多彩でメジナ・メバル・カワハギ・カサゴなど釣れるのです。

「磯釣り」と「堤防釣り」の違い

「磯釣り」と「堤防釣り」の違い

では、ここで「磯釣り」「堤防釣り」の違いを見て行きましょう。

どのような相違点があるのでしょうか?前述の通り、「磯釣り」「荒波の洗う岩場での釣りのこと」です。

一方の「堤防釣り」「堤防の近くで仕掛けを沿わせて上下のタナを探りながら行う釣りのこと」です。

このことから「磯釣り」「磯で釣るからものです。

岩に糸が絡みにくくするために5mほどの長い竿を使い、釣れる魚もさまざまなために対象となる魚に合わせて竿を変えています。

一方の「堤防釣り」「堤防で釣るから釣り」であり、対象となる魚も多岐に渡っており、初心者からベテランまで幅広い年代層が楽しむことができる釣りと言ってもいいしょう。

「磯釣り」の例文

「磯釣り」の例文

では、ここで「磯釣り」の例文を見て行くことにいたしましょう。

具体的には以下のような文章として見ることができます。

・『磯釣りは大きな波が打ち寄せる磯場で大型のグレやチヌを釣れるのが、醍醐味だ』
・『ウチの父親は本当に磯釣りな人だ。休みの日にはいつも行っている』
「磯釣り」を例文を見ていると、大型の魚が釣れることもあって、多くの磯釣りファンがいることが理解できます。

「堤防釣り」の例文

「堤防釣り」の例文

では、続いて「堤防釣り」の例文を見て行きましょう。

具体的な使い方としては以下のようなものが挙げられます。

・『堤防釣りは色々な魚が釣れることもあって、ビギナーはこの釣りの魅力にハマりやすい』
・『堤防釣りの専用グッズセットが釣り具店でリーズナブルに購入することができた』
「堤防釣り」の例文を見ると、海釣りの中でも、ビギナーでも簡単に取り組める釣りとして人気があることが分かります。

まとめ

まとめ

ここまで「磯釣り」「堤防釣り」の意味と違いを説明してきました。

釣りが大好きな人は魚を釣るだけでなく、ずっと1つのことに意識を集中できる点が魅力だと言う人も少なくありません。

趣味の1つとしてこれらの釣りをやってみるのもストレス解消としていいかもしれません。

今まで体験したことがない人も1度トライしてみてはいかかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物