「サッカー」と「フットサル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サッカー」と「フットサル」の違い スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サッカー」「フットサル」の違いを分かりやすく説明していきます。

「サッカー」とは?

「サッカー」とは、原則的に脚のみを使い、円形のボールが相手のゴールに入ると得点になり、2チームが対戦する形式で行われるスポーツです。

1チームは11人以内で構成され、手が使えるのはゴールを守るキーパーと呼ばれるポジションのみです。

その他の選手はピッチからボールが出てしまった時のスローイン時以外に手が使われるとファウルになります。

そのピッチの大きさは、タッチライン(ゴールからゴール)が105メートル、ゴールライン(タッチラインの間)が68メートルとFIFAのよる規定で決まっていますが、これ以外の大きさで行われることもあります。

ただし、国際Aマッチは必ずそのサイズでないとそうとは認定されません。

1試合は前半、後半共に45分ですが、高校生以下はそれより短い時間のこともあります。

「フットサル」とは?

「フットサル」は、先の「サッカー」を狭い場所や室内でもできるように考案されたスポーツで、1チームは5人以内(1人はキーパー)、ピッチのサイズはタッチラインが38~42メートル、ゴールラインが18~25メートルとなっており、野外で行われる場合もあります。

簡単に表現すれば、「サッカー」のスケールが小さくなった競技で、スローインやオフサイドがない点、ファウルの扱いの違い(個人ごとに課せられる訳ではなく、チーム単位になります)などを除くと、よく似たスポーツです。

尚、サッカーとは使用されるボールが異なり、こちらではほとんど弾まない専用のボールが使用されます。

「サッカー」と「フットサル」の違い

「サッカー」「フットサル」の違いを、分かりやすく解説します。

先のように、「サッカー」のミニチュア版と言えるのが「フットサル」だと考えると分かりやすいでしょう。

「フットサル」は、プレイにそれほど広さを必要としない為、最近では専用のコートも増えてきており、日本でも有名になってきました。

まとめ

「サッカー」「フットサル」には、このような違いがあります。

あくまでざっとした違いですが、これだけ覚えておけば、少なくともこの2つを間違えることはないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物