スポンサーリンク

「シェル」と「シェルスクリプト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「シェル」と「シェルスクリプト」の違いIT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「シェル」「シェルスクリプト」はよく似たプログラムを連想させる混同しやすい二つの言葉ですが、「シェル」「シェルスクリプト」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「シェル」「シェルスクリプト」の意味の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「シェル」とは?

「シェル」とは?

「シェル」というIT用語は、「人間(ユーザー)とOSのやり取りを媒介するプログラム」を意味しています。

「シェル」という言葉そのものは、「OSを致命的ダメージから守るための外殻(シェル)のような役割をするプログラム」に由来しています。

「シェルスクリプト」とは?

「シェルスクリプト」とは?

「シェルスクリプト」というIT用語は、「シェルのプログラムが解釈することができるコマンド(命令文)を羅列して利用できるようにしたテキストファイル」を意味しています。

「シェルスクリプト」のコマンドは、「ファイル操作・プログラム実行・テキストの印刷(プリンター使用)」などに活用されています。

「シェル」と「シェルスクリプト」の違い!

「シェル」と「シェルスクリプト」の違い!

「シェル」「シェルスクリプト」の違いを、分かりやすく解説します。

「シェル」というのは、「人間(ユーザー)とOSのやり取りを媒介するプログラムで、OSの致命的ダメージを防ぐ殻(シェル)のような役割をするもの」を意味していますが、「シェルスクリプト」「プログラムそのものではない」という違いがあります。

「シェルスクリプト」というのは、「シェルのプログラムが解釈することが可能なコマンド(命令文)を集めたテキストファイル」のことなのです。

まとめ

まとめ

「シェル」「シェルスクリプト」の意味の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「シェル」というのは、「OSとユーザのやり取りを仲介して、OSの致命的エラーを防ぐ外殻(シェル)のような働きをするプログラム」を意味しています。

それに対して、「シェルスクリプト」とは「シェルが解釈できるコマンド(命令内容)を羅列したファイル」の意味合いを持っています。

「シェル」「シェルスクリプト」の違いを詳しく調べたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物