「リモートワーク」と「テレワーク」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リモートワーク」と「テレワーク」の違い IT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「リモートワーク」「テレワーク」は似たような意味を持っている混同しやすい言葉ですが、「リモートワーク」「テレワーク」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「リモートワーク」「テレワーク」の意味の違いを詳細に解説していきます。

「リモートワーク」とは?

「リモートワーク」とは?

「リモートワーク」とは、「自宅・カフェといった会社のオフィスから離れた場所で働くこと」を意味しています。

「リモート(remote)」には、「離れた・遠隔の」という意味合いがあります。

「リモートワーク」というのは、「今後、IT分野・ウェブ関連(クリエイティブ職)で普及すると予測される会社のオフィス以外での新しい働き方」「勤務時間や働く場所に縛られない働き方」を意味している言葉です。

「テレワーク」とは?

「テレワーク」とは?

「テレワーク」とは、「リモートワークの少し前の呼び方(総務省が使っている公式な呼び方)」であり、「会社のオフィスではない離れた場所で働くこと」を意味しています。

「テレ」とは「電話」の意味ではなく、「遠くの・離れた」を意味する言葉です。

「テレワーク」「リモートワーク」と同様に、「場所と勤務時間にとらわれない働き方」を示している言葉です。

「テレワーク」には、会社に雇われる「雇用型」とSOHO(自宅利用のスモールオフィス)などを営む「自営型」があります。

「リモートワーク」と「テレワーク」の違い!

「リモートワーク」と「テレワーク」の違い!

「リモートワーク」「テレワーク」の違いを、分かりやすく説明します。

「リモートワーク」とは、「自宅・カフェなど会社のオフィスから離れた場所で働くこと」「これからIT分野・ウェブ関連で普及すると予測される会社のオフィス以外での新しい働き方」を意味しています。

それに対して、「テレワーク」というのは「リモートワークの少し前の時代の呼び方」であり、「会社(オフィス)ではない場所で働くこと・場所と勤務時間に縛られない働き方」という意味は概ね共通しています。

「テレワーク」は、大きく「雇用型(在宅勤務・モバイルワーク・施設利用型)」「自営型(SOHO・内職型勤務)」に分類することができます。

まとめ

まとめ

「リモートワーク」「テレワーク」の意味の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「リモートワーク」という言葉は、「会社のオフィスから離れた場所(自宅・カフェなど)で働くこと」を意味しています。

それに対して、「テレワーク」という言葉は「会社から離れた場所で雇用されたり自営業・自由業の形で働くこと、リモートワークの古い言い方」という意味合いを持っています。

「リモートワーク」「テレワーク」の意味の違いを詳しく調べたい時には、この記事の説明を確認してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物