スポンサーリンク

「コントロール」と「マネジメント」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コントロール」と「マネジメント」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「コントロール」「マネジメント」は類似した意味を連想させる混同しやすい言葉ですが、「コントロール」「マネジメント」の意味・使い方の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「コントロール」「マネジメント」の意味の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「コントロール」とは?

「コントロール」とは?

「コントロール」という表現は、「相手を自分の目的・都合によって、思い通りに制御して動かそうとすること」を意味しています。

「コントロール」「他律的・支配的」であるため、「相手の自発的な努力・工夫」を引き出せず、ロボットのように命令を聞くだけの存在にしてしまう恐れもあります。

「マネジメント」とは?

「マネジメント」とは?

「マネジメント」という言葉は、「相手(部下)の人格・能力を尊重してその相手が自発的に判断して働くことをサポート・管理すること」の意味を持っています。

「マネジメント」「自発的(自発性の尊重)・支持的」であるため、「相手(部下)の潜在的能力の成長」を促進できる可能性があるのです。

「コントロール」と「マネジメント」の違い!

「コントロール」と「マネジメント」の違い!

「コントロール」「マネジメント」の違いを、分かりやすく解説します。

「コントロール」「マネジメント」「他者を管理して動かすこと」の意味は共通していますが、「コントロール」のほうが「マネジメント」よりも「自分の都合・思惑を前提として相手を思い通りに操縦する」といった意味合いが強くなっています。

「コントロール」「他律的で一方的な支配・制御によって相手を動かすこと」に意味の重点がありますが、「マネジメント」「相手の人格・能力を尊重して自発的に考えさせて動かすこと(自発的な判断・行動をバックアップすること)」に意味の重点があるという違いを指摘できます。

まとめ

まとめ

「コントロール」「マネジメント」の意味の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「コントロール」という表現は、「他者を思い通りに制御して動かそうとすること」を意味しています。

それに対して、「マネジメント」というのは「他者を尊重してその人が自発的に考えて働くことを支援・管理すること」の意味合いを持っています。

「コントロール」「マネジメント」の意味の違いを調べたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物