「データ」と「情報」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「データ」と「情報」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「データ」「情報」の違いを分かりやすく説明していきます。

「データ」とは?

「データ」の意味と使い方について紹介します。

「データ」の意味

「データ」とは「ものごとに対する客観的な事実を数値や記号として記録したもののこと」です。

「データ」の使い方

「データ」は、あるものごとに対して客観的に調べた事や事実などを、文字や数値、画像などの手段で記録することを言います。

あくまで数字や記号などの事実を表すもの集合体であり、人に対して何かを伝えるという意味はありません。

内容によっては、専門的な知識がないと何を伝えているのか理解できないこともあります。

「データ」は英語の“data”が日本語化したもので、英語でも同じ意味で使われています。

「データが足りない」は、ものごとを分析や比較する事実が足りないという意味です。

「情報」とは?

「情報」の意味と使い方について紹介します。

「情報」の意味

「情報」「じょうほう」と読みます。

意味は「事実に基づき分析や評価を加えたもののこと」です。

「情報」の使い方

「情報」は、「データ」を元にして、ある目的で人に伝える為に分析を行い、評価をしたもののことを言います。

ただの数値や記号の羅列ではなく、そこから読み取れる傾向や将来の予測などを行い、今取るべき方向性や指標を探る参考にします。

「データ」を見ただけでは理解できないことも、「情報」としてまとめることで、分り易くなるのです。

正確な「データ」に基づいた「情報」は、ビジネスだけではなく日常生活でもメディアなどを通して伝えられます。

「データ」と「情報」の違い!

「データ」「事実を表す数字や記号、画像や音声などのこと」です。

「情報」「データを元に分析や評価を加えたもののこと」です。

まとめ

今回は「データ」「情報」の違いをお伝えしました。

「データは事実を示すもの」「情報はデータを加工したもの」と覚えておきましょう。