「サブドメイン」と「マルチドメイン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サブドメイン」と「マルチドメイン」の違い IT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サブドメイン」「マルチドメイン」の違いを分かりやすく説明していきます。

「サブドメイン」とは?

「サブドメイン」とは、一つのドメインを複数に分けてあることを言います。

「ドメイン」とは何かと言いますと、インターネットに接続する上においてコンピューターの住所ということになります。

「サブドメイン」の場合はまず親となるドメインがあります。

それに対して、いくつかのドメインに小分けしているわけです。

メリットとしては、ドメインの契約が一つで済むわけですから、経費を安くあげることができるということになります。

しかし、運用や管理が複雑化するというデメリットもあります。

「マルチドメイン」とは?

「マルチドメイン」とは、一つのサーバーで、複数のドメインを持つことができるサービスのことを言います。

レンタルサーバーが「マルチドメイン」対応であれば、複数のドメインを使うことができますので、種類の違うブログ、サイトなどを作って管理する際には便利ですし、一つのドメインが何らかの影響で駄目になったとしても、他のドメインに影響は与えません。

収益化などを考えますと「マルチドメイン」がおすすめとも言えますが、それぞれのドメインを育てる労力、料金などがかかるということは考えておかなければならない点です。

「サブドメイン」と「マルチドメイン」の違い!

「サブドメイン」「マルチドメイン」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも「ドメイン」、インターネット上の住所といった意味では同じです。

違いと言えば「サブドメイン」は一つのドメインに対して小分けするといった形態、「マルチドメイン」は全部、違うドメインになるといったことです。

「サブドメインは細分化」「マルチドメインは一つのサーバーで複数のドメイン管理」ということになります。

それぞれにメリット、デメリットがありますので、特徴を理解して自分に合った方を選ぶといいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「サブドメイン」「マルチドメイン」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

費用、リスク、目的など考慮した上でどちらを選ぶか決めることをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物