「兼業」と「副業」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「兼業」と「副業」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「兼業」「副業」の違いを分かりやすく説明していきます。

「兼業」とは?

「兼業」とは?

「兼業」の意味と使い方について紹介します。

「兼業」の意味

「兼業」「けんぎょう」と読みます。

意味は「ある仕事に就いている人が、職務以外の他の業務に従事すること」「ある仕事に就いている人が、他に自ら事業を営むこと」です。

「兼業」の使い方

「兼業」とは、同時に2つ以上の仕事を掛け持ちしている状態を言います。

会社員と農業、レストランと不動産業など、全く違う職種で2ヶ所から収入を得ていることを言います。

一方がメインでもう一方がサブのこともあれば、どちらもほぼ同じ割合で従事していることもあります。

「兼業農家」と言えば、農家をしながら会社勤めをするなどして、収入を得ている状態です。

また、「兼業」の場合、業種によっては労働契約があるものを表すこともあります。

「副業」とは?

「副業」とは?

「副業」の意味と使い方について紹介します。

「副業」の意味

「副業」「ふくぎょう」と読みます。

意味は「主に収入を得ている仕事とは別に、仕事を持っている状態のこと」です。

「副業」の使い方

「副業」は、主に収入を得ている本業を持っている人が、空いた時間帯にお金を稼ぐ手段を身に付けていることを言います。

具体的にはアルバイトや投資、ネットビジネスなどがあり、小遣い程度に稼げるものから、中には本業近くまで稼げる様になることもあります。

「副業」は空き時間にするものであり、基本的には雇用契約がなく自由に稼げる仕事です。

但し、年間の収入が20万円以上を超えると税務申告をする必要があります。

多くの企業で副業は禁止されているところが多く、所得税の金額から会社にバレてしまう可能性があります。

「兼業」と「副業」の違い!

「兼業」と「副業」の違い!

「兼業」は、「本業を持っている人が同じ位稼げる仕事」です。

「副業」は、「本業を持っている人が片手間に稼げる仕事」です。

まとめ

まとめ

今回は「兼業」「副業」の違いをお伝えしました。

「兼業は本業と同じレベル」「副業は片手間」と覚えておきましょう。