「メーカー」と「商社」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「メーカー」と「商社」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「メーカー」「商社」の違いを分かりやすく説明していきます。

「メーカー」とは?

「メーカー」の意味と概要について紹介します。

「メーカー」の意味

「メーカー」は、「工場を持ち、原材料を加工することで自社製品を生産・提供する企業のこと」です。

「メーカー」の概要

「メーカー」は、会社の形態の一つで、自社で工場を持ち、原材料を加工して製品を製造して、販売する企業のことを言います。

英語で「メーカー」“maker”であり、「ものを作る側」という意味です。

実際に形のあるものを生産・製造するのが「メーカー」であり、代表的なのが「自動車メーカー」です。

「自動車メーカー」では、下請け会社からパーツを仕入れて、自社の自動車を製造しています。

作られた製品は、自社ブランドが付くか、商標権を持っている企業のブランドが付けられます。

「商社」とは?

「商社」の意味と概要について紹介します。

「商社」の意味

「商社」とは、「製品やサービスを、輸出貿易や国内販売にマッチングさせる企業のこと」です。

「商社」の概要

「商社」は非常に実態が掴みにくいのですが、自社の製品であっても、そうでなくても、仕入れて必要とする企業に売る商売のことを言います。

ある商品を日本に輸入して、その商品を販売するのに特化した企業に売って収益を出すという商売です。

総合商社に関しては、「カップラーメンから飛行機まで」と言われる程、様々な製品を取り扱っています。

有名ブランドの商品も、直輸入店でない限りは、日本のどこかの商社が仕入れて小売企業に販売していることになるのです。

「メーカー」と「商社」の違い!

「メーカー」「自社工場を持ち、製品を生産・提供している企業のこと」です。

「商社」は、「商品やサービスを仕入れて、必要とする企業に売る企業のこと」です。

まとめ

今回は「メーカー」「商社」の違いをお伝えしました。

「メーカーは製造する企業」「商社は必要なところに販売する企業」と覚えておきましょう。